米粉を使った料理が気になる看護師さんへ!実際に作ってみたくなるレシピまとめ☆

2021.5.7

4297_top.jpg

独特のもっちり感が特徴の米粉は、小麦粉の代用粉として活用できることから、小麦アレルギーの人や健康管理が必要な人の救世主として注目を集めています。しかし、中には「あまり料理で使ったことがない」という看護師さんもいるのではないでしょうか?そこで今回は、米粉を使ったレシピをご紹介。それぞれの記事を参考にしながら、米粉料理にチャレンジしてみてくださいね♪

目次

(1)温かいシチューをグルテンフリーで

ボルシーライフ.jpg

シチューには基本的に小麦粉が使用されるため、グルテンが気になる方はなかなか手が出せませんよね。

そんなグルテンの摂取を控えるために、好きなシチューを我慢している方へ、『ボルシーライフ』を運営するかずママさんが、小麦粉の代わりに米粉を使ったシチューの作り方を教えてくれましたよ!

こちらの記事《温かいシチューをグルテンフリーで》に記されているレシピは以下のとおりです。

・じゃがいもや人参、玉ねぎ、白菜を切る

・鶏肉は切った後に塩コショウで下味をつけ、圧力鍋で焼く

・圧力鍋の中に、はじめに切った白菜を除く食材を入れて炒める

・白菜や水、コンソメキューブなどを加え、圧力鍋をセット

・圧力が下がった後、ウィンナーと調味料を入れて煮込む

・仕上げのバターと塩コショウで味を整える

かずママさん曰く、仕上げのバターはなくてもいいとのことですが、シチューにコクを出すなら準備しておきたい食材のよう。

コクがありながらもあっさり美味しく食べられるシチュー、気になる情報は上記の記事にすべて書き込まれているので、これを機にルーから手作りしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、米粉を使うと、ルーを一からを作るときにありがちな、ダマになることもほとんどないんだとか。

「小麦粉だといつもダマができる…」と言う看護師さんにも、ぜひ挑戦してみてほしいレシピです♪

【参照元】

⇒温かいシチューをグルテンフリーで | ボルシーライフ

 
登録は1分で終わります!

(2)自宅で簡単に!米粉でたこ焼きパーティー

からだ活き活き‐You are what you eat..jpg

低フォドマップ食やグルテンフリーのレシピ、おすすめの食品など、食に関する耳寄り情報が網羅されている、ブログ『からだ活き活き‐You are what you eat.』

こちらのブログにも、米粉で作る美味しそうなレシピが紹介されていました!

記事のタイトルは、《自宅で簡単に!米粉でたこ焼きパーティー》

この日は、米粉を使ってたこ焼きを作ったそうですよ。

準備する材料は、米粉とそば粉、卵、けずり粉、水、ゆでだこなど。

たこ焼きの中の具はお好みとのことですが、筆者のお宅では、たことチーズ、青ネギを準備したようです。

そして、こだわりの米粉を使用したとのこと。

たこ焼き生地を作るときのワンポイントとして、そば粉を少し入れると、重厚感が増すと言います。

ただ、米粉のみで作る場合も、軽い感じに仕上がり十分に美味しく作れるようなので、自分好みの配分で調整するといいかもしれません。

そのほかにも、記事には材料の分量や作り方、アドバイスが記載されています。

ぜひ記事を参考に作って、いつもと違った食感や味わい、食べ心地を感じてみてはいかがでしょうか。

特に、小麦粉アレルギーがある看護師さんは、お料理のレパートリーの1つに加えると食べる楽しみが増えるかもしれませんね。

【参照元】

⇒自宅で簡単に!米粉でたこ焼きパーティー | からだ活き活き‐You are what you eat.

(3)米粉のパン粉でサクサク食感!カレー味のはんぺんコロッケ

ぎんもく食堂のごはん日記.jpg

パン粉はパン粉でも、米粉でできたパン粉を使うと、一般的なパン粉よりもサクサクとした触感が美味しいコロッケが作れるとのことですよ!

そんな米粉のパン粉を使ったコロッケのレシピを伝授してくれるのが、大さじ料理研究家兼上級食育アドバイザーであり、充実したレシピを公開中のブログ『ぎんもく食堂のごはん日記』運営者でもあるぎんもくさん。

こちらの《米粉のパン粉でサクサク食感がたまらない!カレー味のはんぺんコロッケ》という記事に、詳細が載っていたのでピックアップしてみました。

ぎんもくさんによると、このコロッケは、はんぺんを崩して作った生地をカレーの味付けにし、中にチーズを包んで米粉のパン粉で揚げるんだそう。

温かいうちはとろけたチーズで、冷めるとチーズは固まるものの濃厚な味になり、どちらの状態でもとても美味しくいただけるようです♪

自宅で食べるメニューの一品としてはもちろん、お弁当のおかずにもぴったりなので、レパートリーの1つに加えてみてはいかがでしょうか。

気になる食材やレシピは、実際に上記の記事で要チェック!

ぎんもくさんが、「パン粉の概念が覆された」と語るほどの米粉のパン粉を使ったコロッケ。

看護師さん自身もぜひ挑戦して、そのサクサク感を体験してくださいね。

【参照元】

⇒米粉のパン粉でサクサク食感がたまらない!カレー味のはんぺんコロッケ | ぎんもく食堂のごはん日記

(4)親子で一緒に食べられる幼児食レシピ【米粉チヂミ】

腹が減っては育児ができぬ.jpg

『腹が減っては育児ができぬ』は、親子で一緒に食べられる幼児食レシピを紹介しているブログです。

ブログを運営しているのは、フリーランスのグラフィックデザイナーとして活躍中のAsuさん。

1児のママであり、食育インストラクターでもあるAsuさんは、家族の健康的な食生活を守るため、日々の食事に気を配っています。

そんなAsuさんのブログに載っているのは、どれも試してみたくなるレシピばかりですが、その中でも気になったのが、こちらの記事《親子で一緒に食べられる幼児食レシピ【米粉チヂミ】》

記事では、小麦粉の代わりに米粉を使った幼児食レシピの“もちもち米粉チヂミ”が公開されていました。

このもちもち米粉チヂミは、Asuさんのお宅では定番メニューで、ご家族に大好評なのだそうです。

注目すべきは、幼児食用と大人用の生地が、全て同じ工程で作れること。

通常だと、幼児食用に食材のカットや調味料、具材などが異なる場合が多いですが、紹介されているこのメニューは、親子一緒に同じものを食べられるレシピとなっています。

記事には、そんなもちもち米粉チヂミに必要な材料や分量、作る手順、ワンポイントアドバイスが綴られているので、ぜひ参考にして作ってみてはいかがでしょうか。

Asuさんのご家族も大絶賛の、このもちもち米粉チヂミを食べたら、やみつきになるかもしれませんよ♪

【参照元】

⇒親子で一緒に食べられる幼児食レシピ【米粉チヂミ】 | 腹が減っては育児ができぬ

(5)小麦粉&油不使用☆30分で!もちもち黒ごまチーズパン

【ヘルシーパン】小麦粉&油不使用☆30分で!もちもち黒ごまチーズパン.jpg

お腹に優しい料理研究家として活動しているあゆさんのブログ『料理家あゆのダイエットごはん』では、簡単で身体に優しいレシピを公開中。

たとえば、こちらの記事《【ヘルシーパン】小麦粉&油不使用☆30分で!もちもち黒ごまチーズパン》で取り上げられている、“黒ごまチーズパン”もその1つでしょう。

この黒ごまチーズパンは、完全なグルテンフリーのうえに、油も使われていないため、アレルギーの方やダイエット中でも安心していただけるそうですよ!

作り方には複雑な工程が一切なく、食材を混ぜ合わせてベンチタイムを設けた後、オーブンで焼いてできあがり。

生地を発酵させる必要がないため、それほど時間がかからないのもうれしいポイントではないでしょうか。

気になる仕上がりについては、黒ごまとチーズの風味がとてもよく、少し感じられる塩気も相まって、やみつきになるほど美味しいとのこと。

また、外のサクサク感と中のもっちり感、2つの食感を1度に楽しめるのも、このパンの魅力と言えそうです。

上記の記事には、必要な食材から詳しい作り方まで、しっかりと記されています。

わからない部分は記事に添付されている動画で確認できるので、「パン作りの経験がない」という看護師さんでも、心配する必要はありません♪

【参照元】

⇒【ヘルシーパン】小麦粉&油不使用☆30分で!もちもち黒ごまチーズパン | 料理家あゆのダイエットごはん

(6)あんまん風米粉蒸しパン(小麦・乳・卵不使用)

米粉おやつLabo.jpg

レシピサイト『米粉おやつLabo』を運営している中村りえさんは、管理栄養士の資格を有する米粉料理家。

家族が小麦アレルギーになったのを機に、米粉と出会い、サイトをとおして米食レシピを発信しています。

誰でも美味しく食べられる身体にやさしいおやつを作ってみたい看護師さんは必見ですよ!

こちらの記事《あんまん風米粉蒸しパン(小麦・乳・卵不使用)》もその中の一つで、ここではあんこたっぷりの“あんまん風蒸しパン”の作り方が紹介されていました。

中村さんが作るあんまん風蒸しパンは、牛乳の代わりに無調整豆乳を使っており、とってもヘルシー♪

卵も使用しないので、ビーガン生活を送っている方にもおすすめですよ。

しかも作り方もシンプルで、下記5つのステップでOK。

・あんこを25gずつに分けて丸めておく

・ボウルで米粉、砂糖、ベーキングパウダーを混ぜ合わせ、そこに豆乳と米油を加えて生地を作る

・シリコンカップに1/3にほど生地を入れ、あんこを入れる

・あんこを入れた上に再び生地を流し入れる

・蒸し器で約12分ほど蒸す

蒸しパンは、冷ました後にラップで包んでおけば、翌日温め直してもふんわりとした食感を楽しめるそうなので、ぜひ時間のあるときにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

腹持ちがよく、ほっこりとした甘みが堪らない手作りおやつは、夜勤のお供にもピッタリですよ。

【参照元】

⇒あんまん風米粉蒸しパン(小麦・乳・卵不使用) | 米粉おやつLabo

(7)簡単米粉ドーナツの作り方

米粉のレシピ帖.jpg

管理栄養士の資格を保有し、米粉のお菓子研究家として活躍中の梅子さん。

運営する米粉レシピサイト『米粉のレシピ帖』とYouTube[米粉のレシピ帖チャンネル]では、グルテンフリーでも美味しいレシピを発信しています。

今回は、文字通り米粉のスイーツがたくさんエントリーしている米粉レシピサイトの中から、家庭で簡単にできるという米粉ドーナツのレシピ記事《簡単米粉ドーナツの作り方》に注目しました。

記事によると、このドーナツは、米粉、きび砂糖、卵、ヨーグルトなどを混ぜ合わせ、適当な大きさに丸めたものを揚げるだけとのこと。

メレンゲを泡立てたり、湯煎で温めたりといった手間は一切ないようです。

これだけシンプルだと、お菓子作りに慣れていない方でも気軽にチャレンジできるかもしれませんね。

しかも、米粉のおかげでサクサクに揚がるうえ、食感はフワフワなんだとか!

また、グルテンフリーというのも、アレルギーが気になる方にはうれしいポイントでしょう。

作ってみたいな、食べてみたいなと思った看護師さんは、当記事を参考に自身で作ってみては?

慣れてきたら、抹茶やココア、シナモンスパイスなどでアレンジしてみるのも楽しそうですよ♪

梅子さんの米粉レシピサイトには、このドーナツ以外にも、多数の美味しそうなお菓子レシピが満載。

和菓子や洋菓子、授乳中でも安心して食べられるお菓子など、どれも一度は試したくなるような内容になっているので、それらの記事も併せて目を通してみてください。

【参照元】

⇒簡単米粉ドーナツの作り方 | 米粉のレシピ帖

 
登録は1分で終わります!

この情報はお役に立ちましたか?