看護師は転職回数が多いってホント?|ナースの転職意識調査

2016.6.28

1313_TOP_転職回数.jpg

一般的な会社員と比較すると転職回数が多いと言われる看護師ですが、実際にはどのくらいの割合の人が転職を経験しているのでしょうか?

「看護のお仕事」では、登録ユーザー509名に「転職回数」に関するアンケートを実施しました。年代別に転職回数をまとめましたので、自分の年齢と状況を照らし合わせてみてくださいね。


目次

質問:あなたは、今までに何回転職しましたか?

20代は、2人に1人以上が初めての転職。30代以降、3回以上転職経験のある人の割合が大幅にUP

1313_転職回数が多い.jpg

アンケート結果を見てみると、20代前半では約8割の人が転職未経験です。

しかし、20代後半になると半数の人が、30代以降は7割を超える人が転職を経験していることがわかりました。

さらに、3回以上の転職経験を持つ割合は30代、40代、50代と年代が上がるにつれてぐっと高くなっています。

つまり、専門学校や大学を卒業してから3~5年は同じ職場に勤務する方が多いということですね。

また、20代後半~30代にかけて、女性の中には結婚や出産を経験する方も多くなります。

そういったライフステージの変化に伴い、自分の生活スタイルに合った職場を求める方が増えるのでしょう。

今20代後半の人は、初めての転職を考え始める時期かもしれませんね。

転職するかどうか迷っているなら、まずは相談を

今回のアンケート結果では、20代後半で初めての転職を経験する看護師が多いことがわかりました。

もし、今あなたが転職しようか迷っているなら、人間関係や給料、スキル、勤務体系など、何かしらの悩みを抱えているのではないでしょうか。

「看護のお仕事」は、のべ8万人以上の看護師の転職相談実績があります。

キャリアアドバイザーが転職活動のノウハウをお伝えするのはもちろん、転職するかどうか悩んでいる方には、現在の状況をお伺いし、一人ひとりに合ったキャリアプランのご提案をします。

あなたの気持ちにしっかり寄り添い、キャリアについて一緒に考えていきますので安心してご相談くださいね。

また、給与や休日、勤務体系だけでなく、職場の人間関係や子育てのしやすさなど、転職先の詳しい情報も事前にお伝えすることが可能です。

あなたにとっての理想の職場をご紹介できるよう、丁寧なカウンセリングを行うことを約束します。

「看護のお仕事」の登録はこちらから。

使いやすさテストのモニター募集!

無料「看護のお仕事」転職サポート

Q.働き方について、お悩みはありますか?