お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

企業の健康増進や産業看護職のスキルアップに貢献【株式会社iCARE】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

はじめに

近年、従業員の健康管理および健康増進が、企業にとって重要な課題になっています。しかし健康管理体制がなかなか整わず、産業看護職や人事労務担当に大きな負担がかかっている企業は多いようです。

今回の記事では、企業の健康管理をサポートしている株式会社iCAREを紹介します。産業看護職を目指している方にとって役立つ情報もあるので、ぜひ読んでみてください。

株式会社iCARE

▲画像提供:株式会社iCARE

株式会社iCAREは、健康管理システム『Carely』の企画・開発・運営や、健康経営コンサルティングを提供している企業です。産業看護職のスキルアップや地位向上を目的に、各種講座やイベント開催なども行っている企業です。

「健康管理は複雑」「健康管理は専門家が行うもの」「企業が努力しても従業員の健康は改善しない」といった、誤ったカンパニーケアの常識を覆すべく、「働くひと」と「組織」の健康を創るサービスの提供に努めています。

健康管理システム『Carely』

▲画像提供:株式会社iCARE

企業における従業員の健康診断やストレスチェックの結果、労働時間などの健康情報を、システム上で一元管理できる健康管理システムです。

同システムでは、健康情報を集約・可視化することで、健康リスクが高い従業員や労働状況に問題のある部署などの自動抽出が可能です。また健康診断の予約をWeb上で完結できるほか、オンライン上で健康相談も行えるため、人事労務担当者や産業看護職の作業負担を大幅に削減することができます。

実際に導入した企業からは、「ペーパーレス化により、業務効率化やコロナ禍によるテレワーク適応を実現できた」「健診業務の効率化に加え、継続的な健康サポートが可能になった」「個々の従業員の健康情報を一つの画面で閲覧でき、操作も簡単なので助かる」といった声が寄せられています。

産業看護職のしごと術

同社が行っている、産業看護職向けの無料講座です。

従業員の健康増進や健康管理に関わる産業看護職の果たす役割は、非常に大きくなっています。さまざまな立場の人と面談や電話・メール対応などを行う場面が多いため、産業看護職は健康指導に関する知識だけでなく、ビジネスマナーも必要不可欠です。

さらに長期化するテレワークによって発生する労働者の健康課題に取り組んだり、オンラインツールの活用が進んだりと、コロナ禍ならではの問題や環境変化に順応する姿勢も求められています。しかし、産業看護職の学びの場は限られているのが現状です。

そこで同社は産業保健に関する学習機会の提供および、ビジネスマナー・スキルの習得によるキャリア支援を目的とした講座を開催しています。

講座の企画・運営は、同社に在籍している医療・健康教育の現場経験がある社員です。経験者だからこそ、現役の産業看護職の悩みや課題に寄り添った、実践で役立つ知識・ノウハウの提供を可能にしています。

そのほか、第一線で活躍する産業看護職による新人産業看護職向けのキャリア講座や、テレワーク中の社員への対応をはじめ、コロナ禍ならではの業務課題をテーマにした講座なども行っています。講座はオンラインで開催されているので、関心がある方は参加してみてはいかがでしょうか。

詳細情報

株式会社iCARE
産業看護職の方を支援するコミュニティ『さんぽむら

cta_banner_070.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加