病院以外で働いてみたい…保育園看護師の仕事ってどんなことをするの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2419_TOP_保育園看護師の仕事ってどんなことをするの.jpg


看護師は、病院だけでなく様々な施設で活躍することができます。そのひとつとして、保育園があります。保育園で働く看護師には、どのような役割が求められるのでしょうか。

ここでは、保育園で働く看護師の仕事をみていきたいと思います。
「子供が好き!」、「保育園で働いてみたい」けれど実際の現場はどうなのか…と考えている看護師のみなさんの参考になればと思います。


看護師の需要が増えている保育園


2419_1_看護師の需要が増えている保育園.jpg


女性の社会進出も当たり前となった近代では、保育園に子供を預ける人の数は増えており、それに伴い保育園での看護師の需要も増えているといわれています。

子供はまだ経験値が少ないために怪我をしやすかったり、免疫力を上げるために体調を崩しやすい時期でもあります。
こうした子供の健康と安全のために、看護師の常駐が義務付けられた私立認可保育園だけでなく、公立保育園でも看護師を常駐されるところが増えています。

このため、保育園看護師の需要が増えているのです。


保育園で働く看護師に求められる仕事


2419_2_保育園で働く看護師に求められる仕事.jpg


病院と違い保育園では看護師は少人数、1名というケースも少なくありません。そのため求められる役割は多く、対するのが健康な0才児からの児童であることもあり、病院勤務とは異なった業務が多くあります。※病児保育を行っているケースもあります。

「保育園で働いてみたい」という方は、事前に保育園の看護師の仕事内容をよく理解する必要があります。
それでは保育園で働く看護師に求められる主だった仕事の一部を紹介します。


園児の健康管理


保育園で働く看護師の主な仕事が園児の健康管理です。
0歳児クラスから小学校入園を控えた年長クラスまでの健康管理を随時行います。
※学童保育ではもう少し年上の子供がいるケースもあります。

具体的には、0歳児など言語で状態を伝えることがまだできない児童のバイタルチェックやオムツ交換を行います。沐浴や食事ほど(離乳食の子供もいます)なども行います。この中でも児童の健康状態などを確認して記録します。

他にも手洗いやうがいの指導、インフルエンザをはじめとした感染症の予防対策、服薬管理、アレルギーのある園児の管理なども行います。

また、転倒などで怪我をした園児、発熱など体調が悪くなった園児の応急処置を行ったり、園内で対処できないトラブルが発生したときの医療機関受診への対応や、園児の健康診断・歯科検診の補助、保護者への連絡なども行います。

園児の健康管理では、年齢や健康状態に合わせた適切な対処が求められます。


保育士や保護者へのアドバイス


保育園で働く看護師は、保育士や保護者への健康アドバイスも行います。

例えば、看護師の専門的な視点から観察した園児の様子を、保育士や保護者に伝え健康管理に役立ててもらう、園内や家庭内での健康管理の方法をアドバイスする、園内に掲示するポスターやお便りを作成するなどです。保育士や保護者の不安などを解消することも看護師の重要な仕事です。

逆に保育士から子供たちについて教わることもありますし、保護者からその子供の個別の情報などを教えてもらうことも大切な仕事です。


保育士の補助



看護師が保育園で働く前に理解しておきたい仕事が保育士の補助です。
専門職の看護師として採用されても、保育園では保育士の補助を求められることもあります。具体的には園児と一緒に遊ぶ、運動会などのレクレーションに参加する、お散歩への動向などを行なうこともあります。

保育士と協力し合って園児の怪我や病気の予防や、素早く適切な対処ができることが必要とされています。


保育園はブランクありの看護師でも働きやすい?


2419_3_保育園はブランクありの看護師でも働きやすい?.jpg


出産などのブランクから復職を考える看護師にとって、しばらく離れていた医療行為をする看護に戻ることが怖いと感じられる方も少なくないようです。
仕事に戻れば、看護師としての経験をもとに感覚を戻すことはできると思いますが、医療行為がほとんどなく、基本的に健康な児童を相手にする職業として、ブランク明けの看護師から保育園看護師になる方も少なくないようです。

とくに出産・育児からのブランク明けの看護師の場合、ご自身の出産・育児経験を生かした仕事が可能なため、保育園で働きたいと思うケースが多いのです。

ただし、ほとんどの保育園では、看護師の配置は1名など少ないので、わからないことがあってもその場で同僚や先輩に相談することができず、自分一人で対処する力が求められます。そのため保育園で働くには、「看護師としてある程度の経験を積まれてた方」が向いているかもしれません。


まとめ


保育園で働く看護師に求められる仕事は、園児の健康管理・保育士や保護者へのアドバイス・保育士との協力した業務、緊急時の医療機関などへの対応です。

看護師は1名など人数が少なく、幅広い仕事が求められるので、保育園で働きたい看護師は事前にその内容についてよく理解しておくことが大切です。また看護師がひとりで判断し、対応を求められるシーンもありますので、幅広い知識と経験のある看護師にむいています。

一般的に保育園で働く看護師には、園児や保育士、保護者らと良好な関係を築くコミュニケーション能力が必要とされています。「子供が好きだから」と言っても、対大人とのコミュニケーションが多いことも心にとめて置いてくださいね。

保育士と協力しあい、園児たちが健康で笑顔で過ごせるように勤めることが、保育園看護師に求められるとても重要なことだと言えるでしょう。

また保育園には、少数に看護師しか雇用しないので、求人自体も少ない可能性がありますので、復職や転職をお考えなら、早めに探し始めることをおすすめします。


看護師として園児や保護者、保育士から頼られる存在として活躍できるといいですね!

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!