お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

上手な自己PRにはコツがある?看護学生が就活で使える例文を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1604_top.jpg


就活でよく聞かれる自己PR。看護学生でも同じことで、初めて医療機関に就活を行う際、採用担当者に伝わりやすくオリジナリティのある自己PRが必要となります。当コラムでは、看護学生の自己PRの作り方から伝え方までを例文を交えて解説しています。


看護学生が、看護師として現場に出る前に経験する就職活動。その際、面接や応募書類において「自己PR」が必要となります。自分の長所を、どのように採用担当者へアピールするべきか悩む人も多いようです。本コラムでは、採用担当者の目に留まりやすい、オリジナリティのある自己PRを効率的に作るコツを紹介しています。就活を始める際に、ぜひご一読ください。

看護学生が自己PRを作成する前に準備すること


就活の履歴書や面接で問われる自己PR。「自分の長所とは?」「履歴書に書ける内容はどんなこと?」など疑問を持つ人も多いようです。効率的に自己PRを組み立てるために、下記に挙げた要素が必要になることを頭に入れておきましょう。

自己分析をする


「自分がどんな人間か」を客観的に知るためには、自己分析が必要です。
今までの経験を通じて自分で思う長所、もしくは他人から評価された点を書き出しましょう。下記のポイントで過去を掘り返すことがコツです。

・継続していること
・貢献したこと
・失敗から学んだこと

たとえ、それが些細だと感じることや平凡なことでも、見方を変えることでアピール材料になり得ます。

エピソードを掘り起こす


自己分析で挙げた長所を実際のエピソードで裏付ける作業です。
「真面目」「コミュニケーション能力がある」など、長所と判断したからには根拠が必要となります。
看護学校の実習時や授業でのエピソードに加え、アルバイトでの経験や部活動の成功体験を思い出すのも効果的。看護師としての素質と人間性をアピールし、自己PRに厚みを持たせることができます。

なりたい看護師像を描く


どのような看護師になりたいか、患者さまや病院のためにどのように貢献したいかをまとめましょう。
長所を活かし自分の思い描く看護師像を明確にすることで、将来を見据えた前向きな自己PRができ上がります。

伝わりやすい自己PRの流れ


流れ.jpg


自己PRの書き方は、採用担当者に伝わりやすいものであることが重要です。ここでは、情報が整理された、わかりやすい自己PRの流れを紹介しています。

1.まずは結論を具体的かつ簡潔に述べる


「私の長所は◯◯です」と冒頭で、具体的かつ簡潔に述べましょう。結論の前に理由を長々と説明してしまうと、どこにアピールポイントがあるか分かりづらくなってしまいます。

2.その後にエピソードで肉付けする


冒頭で述べた長所を実際のエピソードで説明することで、肉付けをします。自己PR欄の大きさも考慮して、簡潔に裏付けとなるエピソードを伝えましょう。

3.その長所と目指す看護師像を結びつける


自分の長所と自分がなりたい看護師像を結びつけます。「自分の長所である◯◯を活かして□□な看護師を目指したい」という前向きな目標を絡めることで、自己PRを結ぶことができ、さらに志望度の高さもアピールできます。

嘘やテンプレートな回答、無しはNG


ここでの注意点は、自己PRが嘘やテンプレート通りの内容にならないようにすることです。嘘をついてしまうと、自己PR以外の項目で辻褄が合わなくなったり、面接時に掘り下げられた時に返答できなかったりと支障が生じる場合があります。
また、自己PRの書き方をWebサイトで調べることは多くあると思いますが、そこに書かれているテンプレートをそのまま述べるのは、オリジナリティに欠ける内容になるので避けましょう。採用担当者は、多くの応募者を見ていますので、嘘やテンプレートの内容はすぐに見透かされてしまいます。
もちろん「特になし」もNGです。志望度が低いと判断されてしまうので、設問には必ず答えを記入しましょう。

面接での上手な自己PRの伝え方


自己PR伝え方.jpg


面接においても、自己PRを聞かれることは多いでしょう。ここでは、面接での自己PRの伝え方を解説いたします。

面接においても結論から端的に述べる


面接で自己PRを述べる際も応募書類と同じように、冒頭で結論を端的に述べましょう。

わかりやすいエピソードで補足する


こちらも同様に、冒頭で述べた長所を裏付けるエピソードで根拠を述べます。応募書類で記入したエピソードを補足する内容が好ましいでしょう。

時間の目安は1分程度


面接で1つの質問に答える際、時間の目安は1分程度と考えましょう。分かりやすい内容にまとめ、冗長にならないように気をつけましょう。「結論」「根拠」「結び」と順序立てて答えることが重要です。また、反対に簡潔すぎる内容にならないように気をつけましょう。

自信を持って伝える


面接や応募書類は、自分をアピールし売り込む場です。自分の長所をアピールするということに、恥ずかしさを感じる人もいるようですが、自己分析の結果で出た長所をしっかりと伝えましょう。姿勢良く、自信を持ってハキハキと答えることも重要です。

応募書類に書いた自己PRをもとに話す


面接で答える自己PRは、応募書類で記入した内容と合わせる必要があります。面接官は、応募書類を手元に置き、内容を見ながら面接を実施するのが基本です。応募書類と異なる内容を答えてしまうと、面接官がどちらの内容なのか混乱してしまうことも。応募書類の内容を補足するような答えを心がけましょう。
また、応募先の病院を言う際に、応募書類では「貴院」と記入するのに対し、面接の場では「御院」と言う点にも注意します。

看護学生のアピールポイント別自己PR例文


例文.jpg


この項では、面接時における自己PRの例文をアピールポイント別に紹介いたします。

コミュニケーション力


「私は、誰とでも気兼ねなくコミュニケーションが取れることが長所だと思っています。看護実習に行ったとき、実習生だけでなく職員の誰とも話したがらない患者さまがいたのですが、私は毎日根気強く挨拶をして話かけに行き、最終的にはお互いに家族の話をし合う関係になることができて、周囲の看護師さんからお褒めの言葉をいただきました。この強みを活かし、貴院でも多くの患者さまやそのご家族、職員の方との信頼関係を作っていきたいと思います」

協調性


「私の長所は、周りの人と協力し物事に取り組む姿勢です。私は高校生の頃、吹奏楽部に所属し、クラリネットを担当していました。3年生で部長を任されたとき、楽器ごとに別々で行っていた朝練を合同で行うことを提案して部員の士気を高め、県の吹奏楽コンクールで金賞を受賞することができました。コメディカルも含めたチーム医療を展開している貴院の一員として、患者さまのためを思った看護を提供していきたいと思っています。」

努力家


「私は、コツコツと努力をして最後までやりきることが得意です。1年前に「ランニングを始めよう」と決意してから、雨の日も雪の日も、1日も欠かすことなく毎朝ランニングに出かけ、先日目標であったフルマラソンを完走することができました。
まだまだ未熟者ではありますが、やる気と粘り強さは誰にも負けない自信があります。看護師として努力を重ねてレベルアップに努め、地域の幅広い世代の患者さま対応する貴院に、1日でも早く貢献できるよう努めたいと思います」