お悩み相談室

1,000人以上の看護師さんとお会いしてきたキャリアアドバイザー達が、あなたのお悩みにお応えします。

2013年11月12日

仕事だけが全てじゃない

つい最近、映画のレイトショーに行ってきました。
泣いて、笑って、
映画館から出る頃には身体も心もスッキリ。
普段は仕事中心の毎日ですが、
たまに過ごす趣味の時間も、かけがえのない時間です。

人によっては、仕事よりも趣味を大事に生きる人もいます。

私たちアドバイザーは転職サポートを通して
看護師さんのキャリアを応援する立場ですが、
趣味を大事にした働き方も
ひとつの選択肢だと思っています。


今回は、「趣味に生きる働き方」を見つけた
Iさんのお話です。

33歳のIさんは、
地元熊本の一般病院で8年勤務してきた
シングルマザーの看護師さんです。
入職してすぐに透析センターの配属となり、
お仕事と5歳の息子さんの子育てに奮闘の毎日でした。

しかし、
Iさんが勤める透析センターは常に人手不足。
かろうじて育児との両立はできたものの、
休暇も充分に取得できず、
体力的にも精神的にも限界の状態でした。

さんざん引き止められた末、
ようやく退職に至ったIさんは、
次の職場を求めて
看護のお仕事にご登録されました。

「地元を離れてお仕事を探したいです。訪問看護を希望しています」

これまでずっとご実家で暮らしてきたので、
これからは新しい土地で頑張ってみたいとのことでした。

ずっと同じ環境の中、
仕事に追われて突き進んできた8年間。
今回の転職をきっかけに、
新しいスタートを切りたい、と意気込むIさん。

しかし訪問看護となると、
自分で担当エリアを回らなければならないので
全く土地勘がない状態で始めるというのは大変です。

さらに、
新しい場所で不慣れなことが多い状態のまま
未経験の仕事を始めると、
ストレスがたまってしまう心配もあります。

よくよくお話を聞いてみると、
Iさんが訪問看護を希望したのは
夜勤がなく日祝がお休みの求人が多いので
体力に余裕をもって働けるし、
息子さんとの時間や、趣味の時間も大事にできると
考えていたことが理由だと分かりました。

Iさんの趣味はスキューバダイビングだそうです。
「前の職場ではほとんどお休みなんて取れなかったけど、
本当はお休みの日にダイビング、みたいな
働き方に憧れてるんです。
でも、沖縄に住むと実家に帰るのが難しいんですよね・・・」

会話の中でふと聞くことができた
Iさんの「本音の声」。

せっかくの転職、どうせなら、
本当にIさんが思う「理想の働き方」を
可能な限り実現できるようサポートしたい。

考えた末、私がご提案したのは、
福岡県にある透析クリニックの常勤でした。

Iさんは前職が多忙で辛い思いをされていたものの、
透析のお仕事は好きだったそうです。
なので、知らない土地でもなるべく早く
ご自身のペースをつかめる透析の求人を探しました。

日勤常勤ではなく、あえて常勤の求人をおすすめしましたが、
院内託児所が用意されており、
準夜勤が週2回程度のシフト制が採用されているため、
息子さんとの時間もちゃんと確保することができます。

また、息子さんの将来を考えると
なるべく収入は多いに越したことはありません。
日勤常勤よりも、無理なくお仕事できる常勤のほうが
収入を期待できます。

さらに、福岡なら沖縄まで1時間半でアクセスできるので
週末にダイビングを行うこともできます。
ご実家の熊本にもほどよい近さで
Iさんにとって最適のロケーションです。

面接の帰り道、
もし転職が決まったら息子さんが通うことになる小学校の
下見にも一緒に行きました。

「ここで再スタートを切るかもしれないんですね。なんだかワクワクします。」
すがすがしい表情で話すIさん。
後日内定が決まり、無事転職されました。

仕事と趣味を両立できる働き方を実現した
Iさんの次の夢は、
息子さんと一緒にダイビングを楽しむことだそうです。


看護師のキャリアも、家庭も、趣味も、全て含めてあなたの人生です。
何かを犠牲にしなくても、
看護師として働き続けられる道はきっとあります。

あなたが思い描く「理想の働き方」、
あきらめる前に、まずは探してみませんか。

イキイキとがんばる看護師さんの笑顔を
支える役目であり続けたいと思っています。

関連するキーワード

※相談事例は、個人が特定できない形で掲載しています

キャリアアドバイザーからのメッセージ

転職のサポート以外にも、看護師さんのお役に立てることがあるんじゃないか。
そんな思いで、この「お悩み相談集」をつくりました。

たくさんの看護師さんとお話しさせていただいてきた私たち。
キャリアアドバイザーの中には、これまで1,000人を超える看護師さんとお会いさせていただいた者もいます。

もしかしたら、あなたと同じようなお悩みを感じている看護師さんがいるかもしれません。

病院での人間関係、仕事と家庭との両立、患者さんとのコミュニケーションなど……。
迷ったり、悩んだりしたときは、ぜひお気軽にご連絡ください。

おすすめ情報

ページトップへ