専門分野で働く看護師ー皮膚科の看護師について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2140_TOP_専門分野で働く看護師ー皮膚科の看護師について.jpg


皮膚に関するトラブルやお悩みに応える皮膚科クリニック。湿疹やかぶれなど皮膚に関するさまざまな症状を専門的に診察する診療科です。

最近では美容皮膚科や鍼灸など、一般皮膚科以外の診察をしているところもあり、看護師の役割はますます増えています。

今回は、皮膚科に勤務する看護師に求められるスキルや仕事内容、給与事情などについて見ていきたいと思います。


皮膚科看護師の仕事内容


2140_皮膚科看護師の仕事内容.jpg


皮膚科では、湿疹・かぶれ・ニキビ・吹き出物などさまざまな症状を患った患者さんが訪れます。アレルギーやアトピーなどの治療を続けていて、定期的に通ってくる患者さんもいます。

トゲや異物が皮膚の中に埋入や刺さった場合には、それを取り除く処置を行います。また、巻爪の治療なども行ないます。看護師は医師の指示に従い、治療の補助業務をこなします。

看護師は患者さんがスムーズに診察を受けられるよう、診察室や処置室への案内、医師のサポートや検査に必要な注射や採血などを行います。診療が終わった後にも、待合室への介助や案内をすることもあります。

塗り薬や飲み薬に関する服薬指導、薬の使い方なども看護師の大事なお仕事になります。アレルギーをお持ちの患者さんに対しては、飲み薬や塗り薬、点眼薬、点鼻薬など症状に合わせた説明を行います。

皮膚科にある薬は、ニキビ一つとっても、そのときの状態によっていろいろな種類の薬が処方されます。よって、診断結果に合わせて選択をし、患者さんにあった薬の説明をすることが求められています。

仕事内容としてはほとんど基礎的な部分が中心ですが、近年増えてきている自由診療については、各クリニックが採用しているメニュ-に合わせて処置やケアを行わなければなりません。健康診断・鍼灸・美容皮膚科(レーザー治療や若返り注射など)のように、皮膚科以外のメニューを扱う病院も数多くあります。

最近では、育毛や発毛に関する相談を受け付ける皮膚科も増えており、患者さんのために薄毛治療の塗り薬や飲み薬について指導を行うこともあります。

患者さんにとって、デリケートな部分でもあるので、診察や薬について配慮が必要な場合もあります。

また、最新の美容機器や医療機器を揃えている病院では、医療器具の使い方なども学んでおかなくてはなりません。


皮膚科看護師の給与事情


平均にして20万円前後と言われる看護師の月収ですが、皮膚科についてもほぼ変わらない水準で推移しています。勤続年数や実績、取得している資格や専門性によっては、各勤務先が考慮して賞与アップにつながる可能性もあります。

大病院や総合病院の中の皮膚科では、帯状疱疹・尋常性・水疱性類天疱瘡・薬疹など入院をして経過を観察し、病状を快方へと導く治療も数多く行われています。

このように夜勤を伴う職場では、看護師は24時間体制で患者さんを見守り、トラブルが出た際には適切にケアを行います。病院が24時間体制のため、給料面では夜勤や残業の手当がつきます。

よって、平均給与以上に高給が見込める可能性もあります。また、入院設備のない中小規模の皮膚科医院では、夜勤手当はつかない分、日勤だけの勤務になるため体の負担は少なくなります。


まとめ


皮膚科では、皮膚のトラブルに関する多くの悩みを持つ患者さんが来られます。患者さんの皮膚の状態によっては、定期的な通院も必要です。また突発的な症状で困っている方など、患者さんの相談内容や状態もさまざまです。

患者さんの皮膚の状態を把握し、適切な処置を進めていけるよう医師へ相談しながら、治療をスムーズに進めていくのも看護師に求められる大切なスキルの一つです。

皮膚科分野に興味のある方はぜひ転職や就職も視野に入れながら、皮膚科での働き方をイメージしてみてはいかがでしょうか。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!