看護師の面接の服装は?スーツがないときは?選ぶべきアイテムを紹介!

2022.8.1

ビジネスウーマン 新緑

転職の面接を控えている看護師の中には、「何を着ていけばいいの?」「スーツじゃなきゃだめ?」と悩む方もいるでしょう。

この記事では、面接を受ける際にふさわしい看護師の服装について解説します。また、リクルートスーツを着て良いかどうかの判断基準や、アイテムの選び方、身だしなみでチェックすべき点についてもご紹介!

頭から足元まで全身の服装のポイントに触れるので、ぜひ面接準備の参考にご覧ください。

目次

転職面接を受ける看護師のベストな服装は?

看護師が面接を受ける際のベストな服装は、ずばり「スーツ」です。

「面接では、絶対にスーツを着なければいけない」というルールはありません。しかし、面接という短い時間のなかで、面接官に自分を信頼してもらうためには、スーツを着るのが良いといえます。

スーツはフォーマルな場にふさわしく、相手に誠実な印象を与えることのできる服装です。面接にスーツを着ていくことで、看護師としてTPOをわきまえた行動ができることを示せるでしょう。

また、スーツを着ることは、面接官への敬意の表明にもつながります。「忙しい中、面接に時間を割いてもらっている」という感謝の気持ちを服装でも表しましょう。

パートやアルバイトの面接を受ける看護師も、できれば上記の理由により、スーツを着るのがおすすめです。もし、スーツを着るのが難しい場合は、きちんとした印象を与える服装かどうかで判断して選ぶと良いでしょう。スーツ以外の服装については、記事の中程でお伝えします。

登録は1分で終わります!

看護師の面接はリクルートスーツでもいい?

看護師は仕事でスーツを着る機会がほとんどないため、「リクルートスーツしか持っていない…」という方もいるかもしれません。以下で、リクルートスーツはOKかどうかを見ていきましょう。

20代前半はリクルートスーツを着てもOK!

リクルートスーツは、基本的に新卒の就活生が着用するものです。20代前半の看護師は、新卒の学生と年齢が近いため、リクルートスーツを着ても不自然になることは少ないでしょう。

リクルートスーツを着るのに明確な年齢制限はありませんが、卒業して1~3年程度の第二新卒まではOKと考えると分かりやすいかもしれません。

30代・40代の看護師は別の服装を考えよう

リクルートスーツはフレッシュな印象を与えるため、経験を積んだ30代、40代の看護師が着ると、反対に頼りなく見られてしまう可能性があります。30、40代の看護師に求められるのは即戦力です。「この人なら安心して仕事を任せられそう」と思ってもらえるように、自分の経験や年齢に見合った服装をチョイスすると良いでしょう。

看護師の面接用スーツコーデ!選ぶ際の7つのポイント

この項では、面接を受けるのにふさわしいスーツの選び方をご紹介します。また、スーツに合わせるインナーや靴、鞄など、全身のコーディネートもお伝えするので、ぜひ面接準備の参考にしてください。

1. スーツの色はネイビーやグレーを選ぶ
ネイビーやグレーなどの濃い色のスーツを着ると、落ち着いた印象になるのでおすすめです。柄が入ったものや、明るすぎる色のスーツは看護師の面接の場では浮いてしまう可能性があるので、避けたほうが良いでしょう。黒もNGではありませんが、デザインによっては暗い印象を与えてしまうことも。選ぶ際は重々しい雰囲気にならないかをチェックしてみてください。
2. 上下セットのスーツを着る
スーツはなるべく上下揃えて用意しましょう。上下セットのスーツを着ることで、よりきちんとした印象になります。高価なものを着る必要はないので、実際に試着して自分の体型に合ったスーツを選びましょう。
3. インナーは白を合わせる
インナーは白のワイシャツやブラウス、カットソーを着用します。白を選ぶと、顔色が明るく見え、清潔感を感じさせるので、面接官に好印象を持ってもらえるでしょう。また、スーツと同様に、インナーも無地がおすすめです。看護師の面接はファッションの個性を見せる場ではないので、できるだけシンプルな服装を選ぶと良いでしょう。
4. ボトムスは動きやすいパンツを選ぶ
ボトムスは、スカートとパンツのどちらでも構いません。迷う方は動きやすいパンツを選ぶと良いでしょう。面接では、普段着慣れていないスーツを身につけるだけで緊張してしまうことがあるため、少しでも楽に動けるほうが良いかもしれません。
5. 女性はボトムスの下にストッキングを履く
ボトムスの下には、ナチュラルカラーのストッキングを着用します。パンツスタイルでも、素足が見えることのないよう、膝丈のストッキングなどを履きましょう。また、ストッキングは伝線しやすいため、必ず予備を持っておき、面接の前に破れていないかをチェックしましょう。
6. アクセサリーの着用は控える
基本的にアクセサリーは着用しないのが無難です。看護師が仕事上で身につけないものは、面接でも外すのが良いといえます。もし着用する場合は、小ぶりで控えめなデザインのものに留めておきましょう。
7. パンプスや鞄はフォーマルなものを合わせる
靴や鞄は、スーツに合うフォーマルなデザインのものを選びましょう。黒やダークブラウンなどの落ち着いた色で、装飾や柄のないものが最適です。

靴は、5センチ以下のヒール付きのパンプスがおすすめ。反対にヒールの高すぎる靴や、カジュアルすぎるスニーカーなどは避けましょう。高さのある靴が苦手な方は、フォーマルなデザインのローファーを選ぶのもありです。

鞄は、A4サイズの書類が入る程度の大きさのものを選ぶと良いでしょう。リュックはフォーマルな面接の場にふさわしくないため、あまりおすすめはできません。

面接に着ていくスーツがない場合の服装は?

どうしてもスーツを用意するのが難しい看護師は、できるだけフォーマルな服装を心がけましょう。以下で、スーツ以外の服装を選ぶ際のポイントをお伝えします。

【トップス】黒・グレー・ネイビーのジャケット

トップスは、スーツの場合と同様に、落ち着いた色の無地のジャケットを選びます。ピンクなどの華やかな色や個性的な柄のジャケットは、看護師の面接の場には不向きです。

また、ジャケットは、襟付きのほうがきちんとした印象になります。ノーカラージャケットと呼ばれる襟なしのジャケットもNGではありませんが、カジュアルになりすぎないよう注意しましょう。

【インナー】白のワイシャツ

インナーは、スーツの場合と同様に白を合わせるのが最適です。ワイシャツを着ると、誠実さを演出できます。ただし、首元が広く開きすぎていなければ、襟なしの白いインナーでも構いません。襟がないと柔らかい印象を与えられるので、応募先の病院や施設の雰囲気に合わせて選ぶのも良いでしょう。

【ボトムス】ジャケットと同じ色のパンツかスカート

ボトムスは、パンツでもスカートでもOKです。色は、ジャケットに合わせて選びましょう。上下の色を統一することで、落ち着いた印象になります。また、パンツを着用する場合は極端にワイドなものや、タイト過ぎるものは避け、フォーマルなデザインのものを選ぶことが大切です。スカートの場合は、立ったときに膝が隠れるくらいの丈がベストです。

面接に「自由な服装で来てください」と言われたら?

看護師の面接では「自由な服装でお越しください」と指示されることもあります。その場合は、前述した「面接に着ていくスーツがない場合の服装は?」を参考に、ビジネスシーンにふさわしいファッションを選ぶのが良いでしょう。

「自由」だからといって、何を着ても良いわけではありません。採用担当者は、応募者に「リラックスして面接を受けてほしい」と考える一方で、「応募者の社会人としてのマナー」をしっかりとチェックしているはずです。ラフ過ぎる私服や派手なデザインのアイテムは避け、相手に失礼のない服装を選びましょう。迷う場合は、スーツでも構いません。

▼関連記事 看護師向けの面接対策を紹介!持ち物の準備から質問の回答例まで徹底解説

TPO別!看護師が面接の服装で注意したいポイント

「暑さの厳しい夏は何を着れば良いの?」「リモートで受けるときの服装は?」と気になる方もいるでしょう。この項では、看護師が面接を受ける季節や場面に応じた服装選びのポイントを紹介します。

夏でもジャケットを羽織る

「ジャケットやスーツの着用は不要」といった指定がない限り、マナーとして夏場もスーツの上着やジャケットを持参しましょう。面接の会場に向かうまでは、汗ばんでしまうので脱いでおき、会場に入る前に着用します。

冬は落ち着いたデザインのコートを選ぶ

冬は、スーツやジャケットの上にコートを羽織って面接の会場に向かう方が多くいます。コートは、ファーのついたものや柄の入ったファッション性のあるものは避け、黒やベージュなどの落ち着いた色・ベーシックな形を選ぶと良いでしょう。トレンチコートなど、ビジネスシーンで着ても違和感のないタイプのコートがおすすめです。なお、面接会場に到着したら、玄関やビルの入り口に入る前にコートを脱ぎ、きれいに畳んで腕にかけておきましょう。

WEB面接でも対面と同じ服装をする

リモートで面接を受ける際の服装は、対面の場合と変わりません。上半身は、スーツやジャケットの下に白のインナーを合わせます。また、顔しか映らないからといって、「下は部屋着でいいかな」と考えるのはNGです。動いたときに、ボトムスも見えてしまう可能性があるので、上下ともに面接官に失礼のない服装を選びましょう。

清潔感が大事!面接前の身だしなみチェック5項目

看護師の職場では衛生面が重視されるため、面接では清潔感があるかどうかも見られます。以下で、面接の前に確認したい身だしなみのポイントを見ていきましょう。

チェック1. メイクは濃すぎないか

面接だからと意気込んで、つい念入りにメイクをしたくなるかもしれませんが、濃くならないよう注意が必要です。ラメ感の強いアイシャドウや、マスカラをたっぷり塗ったまつ毛、目尻を強く跳ね上げたアイラインなどは、面接のメイクとしてふさわしくありません。仕事の場合と同じく、ナチュラルメイクを心がけましょう。

反対に、ノーメイクも血色が悪く見える可能性があるので、避けるべきです。肌の色に合うベースメイクと、顔色をほんのり明るく見せる程度のポイントメイクを意識しましょう。

チェック2. 髪型がだらしなくないか

髪型も重要です。ロングヘアの方は、髪を後ろで一つに結びましょう。また、目立ちにくい黒のヘアゴムを使うのが最適です。サイドの毛や後れ毛なども全てまとめます。

髪が短くまとめるのが難しい看護師は、毛が顔にかかって暗い印象にならないように、耳にかけたり、ヘアスプレーやピンなどで固定したりしておきましょう。

チェック3. ネイルは落としているか

看護師の面接にネイルをしていくのはNGです。美容クリニックなどでは、看護師のネイルを許可している職場もあります。しかし、多くの職場では、看護師のネイルは認められていないので、面接には落としていきましょう。

また、爪は短く切って、爪先がきれいにみえるよう整えておくと清潔感を感じられます。冬など乾燥しやすい季節は、ハンドクリームを塗って保湿しておくのも良いでしょう。

チェック4. 服にシワや汚れがないか

どれだけ完璧に服を準備しても、シワや汚れがあると清潔感が失われてマイナスな印象を与えてしまう可能性があります。面接場所に移動する際は、服にシワが寄らないように注意しましょう。また、雨などの悪天候の場合は足元が汚れやすいので、なるべく外を歩かなくて良い交通手段を選択したり、面接前に服装を整えられるよう、余裕を持って行動したりすることも大切です。「服に髪の毛やホコリがついていないか」という最終チェックも忘れずに行いましょう。

チェック5. 香水やタバコの香りがきつくないか

接客をする看護師の職場では、強い香りは好まれません。また、なかには全面禁煙の職場もあり、面接で喫煙習慣の有無を見られている可能性もあります。日頃から香水をつける習慣のある方やタバコを吸う方は、注意しましょう。

まとめ

面接において、見た目の第一印象はとても重要です。スーツを着るのがベストではありますが、揃えられない場合は社会人としてビジネスの場に適した服装を選びましょう。また、医療に関わる人として、清潔感を意識した身だしなみを心がけることも大切です。

準備は大変ですが、最適な服装で、自信をもって面接に挑みましょう!

また、もし面接の準備に向けて少しでも不安のある方は、転職のプロに相談してみませんか?

転職エージェントの「看護のお仕事」では、面接に適した服装はもちろん、面接での振る舞い方や質疑応答の仕方などについても、転職のことを知り尽くしたプロがアドバイスいたします。

また、ほかに職場を探してみたい場合は、あなたの希望にマッチした求人をご紹介し、応募先との面接日の調整なども代行。転職の成功に向けて全力でサポートさせていだきます。

看護師の転職に特化した当サービスで、ご自身の明るい未来を切り開きませんか。

利用は全て無料です。些細なことでもかまいませんので、ぜひお気軽に「看護のお仕事」ご相談ください。

登録は1分で終わります!

この情報はお役に立ちましたか?

無料でさらに聞いてみる

「看護のお仕事」を使うと、より詳しく話を聞くことができます。どんな転職先があるのか等も事前に知ることができます。