AIには何ができるの? AIの導入で看護の現場はどのように変わっていくのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2821_TOP_AIの導入で看護の.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


近年、急速に発達している人工知能AI。現在すでにAIはさまざまな分野で活躍しており、今後、さらなる研究も進むことと思います。

医療業界にAIが普及したら、私たち看護師の職場はどう変わっていくのでしょうか?

728_90_3.png



そもそもAIってどういうもの?何ができるの?


2821_1そもそもAIって.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


AIには『特化型AI』と『汎用型AI』の2種類があります。

特化型は、特定の領域や作業のディープラーニングにより、その特定の領域・作業でのみ、高度で高速な計算に基づいた行動を行えるようになった人工プログラムです。
現在、実用化されているAIは、ほとんどこちらです。

例えば、将棋のAIなら、人間が打った将棋のあらゆるパターンを、人間では覚えきれないほどの量学習します。そして、学んだ大量の情報の中から、その瞬間の「最良の選択」を瞬時に導きだし、将棋を指すことができます。将棋をしている相手の癖や思考パターンも計算し、「勝つための選択」をすることもできます。

もう一つの『汎用AI』とは、よく映画やドラマに出てくる、まるで人間のように話をし、自立した生活をできる人工知能のことです。
しかし、今のところまだ汎用AIの実用化は難しいと言われています。

「AIが看護をする」というと、イメージとして人間のように自立して動くロボット型の汎用AIを想像する方が多いかもしれませんが、実際に患者さんのお世話をする人間の替わりとなれる汎用AIが登場するのは、まだまだ先のことと言えそうです。

では、もうひとつの特化型AIは、医療の現場や看護にどのように活かせるのでしょうか?

医療にAIが導入されるメリットは?


2821_2医療にAIが導入される.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


例えばAIによって正しく正確な医療情報や該当する恐れのある疾患を、これまでの医療情報の中からパターン化して、瞬時に提示することが可能になるかもしれません。

すると経験が浅い研修医や医師もAIが導いたデータから、正しく診断できるようになり研修医の経験不足や医師の専門領域外の知識や未経験の症例の知識などを補うことができます。
すでに遺伝子解析の『ワトソン』や、病名を診断する『ホワイトジャック』といったAIが開発されていることから、そう遠くない未来に広く実用化されるかもしれません。

看護の現場でどのように活用できるのか?


2821_3看護の現場でどのように.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


看護の現場では、AIが患者さんの容態の急変を瞬時に察知し、学習させた過去の膨大なデータから、その状態の把握に必要な情報を瞬時に選択、必要があれば自動でドクターに連絡もしてくれるかもしれませんね。

看護師はドクターへの連絡や現在の状態を説明する手間がはぶけ、目の前の患者さんの看護に注力できることでしょう。

また生体情報モニターの進化形のようなAIがあれば、常に院内全ての患者さんのバイタルや体温といった生体情報を管理し、看護記録として保存できるようになるかもしれません。
在宅の方にも活用できれば、医師や看護師のいない時間に患者さんがどのような状態だったかを把握することができるようになります。

さらに、電子カルテの整理や必要なカルテや既往歴などの情報も看護師が探す手間なく、瞬時にピックアップしてくれそうですね。

AI導入の初期には、このような情報の提供がメインとなる可能性があります。

また将来的な活用方法としては、在宅医療が中心となり、在宅の患者さんのバイタルなどの見守りをAIが行ない、異常があればすぐに病院へ連絡をくれ、性格な現状の情報を送ってくるようになるかもしれません。

他には、患者さんの移乗や体位変換などもAIの搭載されたベッドやアームなどを使って行えるようになるかもしれません。看護師にとって大きな負担となっている肉体労働の部分をAI搭載のロボットが担ってくれると、患者さんは安全に移動ができ、看護師は身体に無理なく働くことができるようになるかもしれません。

おわりに


2821_4まとめ.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


「2025年にはAIは人間より賢くなる」と言われていますが、果たしてそんな未来がやってくるのでしょうか。それはわかりませんが、AIの活用で間違いなく医療現場や看護の現場は大きく変わっていきます。正確でスピーディーな情報管理と共有がAIによりシステム化され、看護師の負担も少しは軽減されることが期待できます。

AIが進化するというニュースでは、「必要なくなる職業がある」などと言われ、話題を呼びましたが、看護師が担う役割は大きく、AIが進化してもその需要はなくならいのではないでしょうか。看護師とAI、どちらかではなくどちらも生かすことで、よりよい看護が提供できそうですね。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!