お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

嘘みたいだけど本当にあった!?【面接での看護師さんの自己PR】実話集!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
597_TOP_手を上げる猫.jpg

http://www.photo-ac.com


面接での自己PRって看護師のみなさんは、どんなことを話していると思いますか?
自己PRとはその名の通り、あなたの良さを相手に伝えることのできる絶好の機会。
だから、”ありきたり”に、“なんとなく”、なんてもったいないですよね。

私は多くの面接を行ってきた経験があり、看護師さんの面接に立ち会う機会も多くありました。

そんな私が驚いた、本当にあった看護師さんの面接での自己PRの実話をご紹介したいと思います。
(※ご本人が特定できないように脚色しています)

また、休憩時間に読める面白エピソードを集めましたが、これから面接を受けるという方にも多少参考になるように、看護師の自己PRで学べるポイントを、【まさかの自己PRポイント】として付け足させていただきました。是非、合わせて読んでみてくださいね。

◆嘘も方便!?


597_イヤフォン.jpg

http://www.photo-ac.com


精神科の面接で、首に音楽プレイヤーのイヤフォンをかけて面接に来たSさんという看護師がいました。

そのことを指摘されると、Sさんは「リズムを取りながら同時に運動することで認知症予防を行う、国立長寿医療研究センターの取り組みについて」説明を始めたのです。

その知識の豊富さと熱意は、他の誰より面白く印象的で、採用。
採用後にわかったことですが、Sさんはいつも移動中に音楽プレイヤーで音楽を聴いていて、あの日はただ単にイヤフォンをはずし忘れていたらしいのです。

【まさかの自己PRポイント】:不測の事態にも動じず対応できる性格が、結果的には看護師としてもよかったのかもしれません。

◆これは反面教師です


597_カメレオン.jpg

http://www.photo-ac.com


今まで勤務したことのある病院の悪口を言いまくり、「この病院(受ける病院)は、そういうところがないと聞いたので、是非、働きたいです!」と勢い良く言い切った人がいました。

もちろん、不合格です。
どこの病院でも大体同じような事情を抱えているものですし、「辞めてから悪口言われるかも」と思われて、嫌えんされてしまったようです。

【まさかの自己PRポイント】:ネガティブな発言はいい結果を生まないもの。基本は前向きな回答を考えておくのが大切ですよ。

◆盛り上がるからと言って


597_タロットカード.jpg

http://www.photo-ac.com


面接官は看護部長さんで、私はその横で立ち会っていた面接でのこと。
「特技や自己PRはありますか?」と聞かれ、急に看護部長さんの生年月日を聞き出し、本格的な占いをはじめた人がいました。

看護部長さんもすごい食いつていたので、「まさか合格させるの?」と驚いたけど、最後に看護部長さんに、「あなた、占い師になりなさいよ、向いているわよ」と言われていたのでかわいそうでした。

看護師でがんばりたいのに・・・ね。

【まさかの自己PRポイント】:特技は、看護にどう役立つかを結び付けて話した方がいいですよね。せめて看護部長さんと自分の相性の良さをアピールすれば、結果はよかったのかも…。

◆院長の知り合い


597_医師.jpg

http://www.photo-ac.com


知り合いの病棟師長さんから聞いた話です。
過去に院長から「今日、紹介の子が来るからよろしくね」と言われたことはあったのですが、面接の自己PRで急に「こちらの院長とは古くからお付き合いがありまして・・・」と言われ、いったいどう扱ったものかと困った人がいたそうです。

大きな問題もなかったので採用しましたが、その後、その人はただ単に昔からこの病院に来ていて、院長になる前の先生が担当医だったということが判明。

たしかに古くからのつきあいだろうけど、それって確信犯ですよね。

【まさかの自己PRポイント】:言いづらいことでも言い方次第で有利になることってあります。嘘をつかないで、有利になる言い方というのはアリだと思います。


今回は、ちょっと極端な自己PRのお話でしたが、そんな中にも教訓はあります。

最後にちょっと真面目なお話。みなさん、もちろんおわかりだと思いますが、看護師の自己PRで一番大切なのは『今までの経験』と『それを新しい職場でどう活かしていけるか』ということです。

自分の過去の経歴を整理し、その中で印象に残っている思い出などから得られた教訓を考え、エピソードからあなたの看護に対する考えなどを伝えるのがよいかと思います。

また、性格的な部分では、『協調性』や『やる気』が知りたいというのが人事の本音です。
協調性はこちらの話をしっかり聞いているか、やる気は質問してくる内容などで判断していることが多いです。

そういう中に、あなたの人間性が感じられる自己PRが聞けたら、一緒に働くイメージができて、採用後もよい関係が築けていけると思います。

採用面接での印象はとても重要です。ブランクがあり「職場復帰したいけど迷っている」という方は『看護のお仕事』に登録してみませんか?キャリアアドバイザーが就職に関する不安やお悩みなどを丁寧にヒアリングし、就労までと就労後のアフターケアも行っています。安心して働き始めることができますよ。
ブランク可の求人