お悩み相談室

1,000人以上の看護師さんとお会いしてきたキャリアアドバイザー達が、あなたのお悩みにお応えします。

2015年11月17日

ご紹介後もずっと…

"先日、いつもの美容室で、
新人の美容師さんにシャンプーしてもらいました。
「手際が悪くてすみません」と言いながら、
時間をかけて丁寧に洗ってくれる美容師さん。

ぎこちない手つきに一生懸命さを感じ、
私がアドバイザーとして駆け出しの頃に
担当させていただいた、
ある看護師さんを思い出しました。

24歳の正看護師Eさんは、
新卒で急性期病院の外科病棟に入職。
激務で体調を崩されて自律神経失調症になり、
2年後に退職されました。

しばらく休養した後に、
病状が落ち着いてきたため
私どもにご相談くださったのですが、
不安が強いご様子だったので、
直接、お話を伺うことにしました。

お会いしてみるとEさんは、
とても真面目で礼儀正しい方。
けれども、病歴をとても気にされ、
何をしたら良いか考えがまとまらず、
Eさんは何度も「すみません」と言うのです。
“私がしっかりとサポートしなければ!”
と強く思いました。

まずは、
「病歴も含めて交渉にあたるので安心してください」
とお話し、
急性期、リハビリ、療養、透析専門など、
いろいろなタイプの病院をご提案しました。

その中でEさんが惹かれたのは
福利厚生が充実し、急性期の経験も生かせる
A総合病院でした。

本当は別の病院をおすすめしたかったのですが、
Eさんがとても意欲的になられたので、
A総合病院を第一希望とし、面接にご同行しました。

Eさんは緊張しながらも、
看護部長の質問にきちんと答えられ、
配属部署まで伝えられ、
面接はとても好感触でした。
「結果が楽しみです!」と喜ぶEさんに、
私もホッと一安心しました。

しかし、結果はなんとNG。
看護部長さんは好感を持たれたのですが、
病歴のために最終の稟議が通らなかった、
ということでした。

“Eさんの期待を裏切る結果になってしまった…!”
私は責任を感じ、Eさんに何度も謝りました。
しかしEさんは、
「気にしないでください、また頑張ります!」
と明るく言われたのです。
私はホッとして
「実はEさんには、B病院をおすすめしたかったんです」
と、切り出しました。

B病院は、内科を中心とした地域密着型の一般病院です。
スタッフの人間関係が良く残業も少ないので、
病歴が気になっているEさんも、
無理なく働けるのではないか、
と考えたのです。

Eさんが改めてB病院をご希望されたので、
再び面接にご同行しました。

Eさんは終始落ち着いた笑顔で、
仕事の抱負を明確に語られ、
病気についても自らご説明されました。
Eさんの堂々とした態度に、
私は驚いてしまいました。

看護部長もEさんの人柄を理解され、
その場で内定が決まりました。
「受け入れてもらえて良かったです!」
と朗らかな笑顔のEさん。
私も一緒に大喜びしました。

けれども私はその後も、
“職場の雰囲気になじめるだろうか”
“また体調を崩してしまわないだろうか”
と、Eさんのことを心配していました。

するとEさんは、
こんなメールをくださったのです。

「私のために一生懸命になってくださって、
 本当にありがとうございます。
 親身になって支えてくださったから、
 面接でも勇気が出ました。
 まだまだ不安だらけなので、
 辛くなったらまた相談させてくださいね」

思わず目頭が熱くなりました。
Eさんが不安なときに少しでも力になれたのなら、
こんなに嬉しいことはありません。
アドバイザーとしてはまだまだ未熟ですが、
Eさんをサポートさせていただけて、
本当に良かったです。

Eさん、いつまでも応援しています!"

関連するキーワード

※相談事例は、個人が特定できない形で掲載しています

キャリアアドバイザーからのメッセージ

転職のサポート以外にも、看護師さんのお役に立てることがあるんじゃないか。
そんな思いで、この「お悩み相談集」をつくりました。

たくさんの看護師さんとお話しさせていただいてきた私たち。
キャリアアドバイザーの中には、これまで1,000人を超える看護師さんとお会いさせていただいた者もいます。

もしかしたら、あなたと同じようなお悩みを感じている看護師さんがいるかもしれません。

病院での人間関係、仕事と家庭との両立、患者さんとのコミュニケーションなど……。
迷ったり、悩んだりしたときは、ぜひお気軽にご連絡ください。

おすすめ情報

ページトップへ