血管外漏出が起きたらどんな症状が出る?対処法は?看護師の観察力と患者さんへの説明がカギ!【看護師はやの勉強ノート】vol.3

2021.11.8


血管外漏出についてまとめました。
血管外漏出とは、血管注入中の薬剤が血管外へ漏出することです。

症状や影響は、抗がん剤の量や種類によって様々です。
症状に応じて医師の判断のもと対応します。

今回は症状をピックアップしています。
必ず投与前に患者さんへ血管外漏出について説明します。

疼痛や違和感は患者さんが自覚するものなので、
症状が出現すれば教えてもらう必要があります。

そして、疼痛以外に刺入部の発赤や腫脹がないかを観察していきます。
また、患者さんの自覚症状がない場合もあるのでこまめな観察が必要です。

患者さんの協力や看護師の観察が早期発見に繋がります。

はや



【作者プロフィール】
はや
絵を描くことが好きな看護師。
役立つ知識がぎゅっと詰まったゆるいタッチのイラストが魅力。
勉強に関することや看護師あるあるなど、様々な情報を発信している。

Instagram:@hayao_kam
Twitter:@hayao_kam


【バックナンバー】
看護師はやの勉強ノートvol.1 ~化学療法の副作用~
看護師はやの勉強ノートvol.2 ~化学療法の基礎知識~

cta_banner_070.jpg

使いやすさテストのモニター募集!

無料「看護のお仕事」転職サポート

Q.働き方について、お悩みはありますか?