お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

これで転職成功!面接官が考える「こんなナースは採用したい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
764_TOP_青い服を着た2人の看護師.jpg

http://www.stockvault.net/


現在、お仕事探し真っ最中の方。転職を成功させるには面接が大きなカギです。今回は面接官に好印象を与えるための【良い例】【悪い例】を取り上げてみたいと思います。


【面接時の服装これはNG&OK】


764_黒服を着た女性.jpg

http://www.stockvault.net/


面接でまず重要なのが第一印象。特に看護師さんは清潔感は必須です。第一印象の決め手となるのは身だしなみ!これでその人の印象が決まると言っても過言ではありません。清潔感がない、だらしがないと思われたら、面接室へ入った時点で、即落ちてしまうので注意です。

≪NGの身だしなみ≫


・髪が金髪、茶色
・香水をつける、香りのあるボディクリーム(ハンドクリーム)を塗る
・派手な色、デザインの服
・ロングブーツをはく
・ピアス、アクセサリーをつける
・マニキュアを塗っている
・すっぴん、逆に濃すぎるメイク

≪OKの身だしなみ≫


・髪は黒か自然なブラウン
・髪が長い人はひとつに結び、長い前髪はピンでとめる
・パンプス(ローヒール。磨かれていると印象アップ!)
・服はシンプルで落ちついた色(黒か紺)
・シャツorブラウスにジャケット
・スカートは膝丈ぐらいのもので(ミニはダメ!)ストッキングを着用
・血色がよく見えるナチュラルメイク


【面接前に準備しておきたいこと】


面接官が必ず聞く内容から、面接官が知りたいことがわかります。
1.自己紹介→内容もさながら、面接官は、「自分自信をどう捉えているか」を見ています。
2.志望動機→前職が不満でやめたのか、ここで何かやりたいことがあるのかなどを見ています。
3.職務経歴→今までどんな職場で経験を積み、この職場で生かせるのかを知りたいと思っています。
4.転職の理由と退職理由→ネガティブな退職理由なら、この病院ですぐに辞めないかを見ます。ポジティブな理由だと、ヤル気を見ます。
5.自分の長所や自己PR→モチベーションがどの程度かを見ています。

その他、「将来どんな看護師になりたいですか?」「看護観について、どんな看護を心がけていますか?」なども聞かれるかもしれません。自分のビジョンを明白に言葉にできると良いでしょう。


【前職の退職理由でNGの答え方】


転職の際、必ず聞かれるのが前職の退職理由。「勤務時間が不満だった」、「病院と合わなかった」、「お給料に満足していかなかった」など本音の理由は、面接官の印象を悪くする可能性があります。
本音:「忙しすぎて嫌だった」→建前:「患者さんひとりひとりに丁寧なケアができなかった」、「看護業務に専念できる環境ではなかった」など、言い回しを工夫すると良いですよ。
面接官に、「この人を採用して大丈夫かしら?」「すぐやめるかも」と思われるようなダイレクト過ぎる退職理由は言わないように気をつけてくださいね。


【「最後に質問は?」と訊かれたら】


面接の最後に必ず訊かれるのが「何か質問はありますか?」。これは最後に自分をアピールするチャンスの場です。「何もありません」より、何かしら仕事内容に関する疑問をぶつけることで、面接官に「この病院に興味を持ってくれている」「強く志望している」と思われますよ。


【面接でやってはいけない行動】


面接官は、下記の行動から、あなたの内面を診断しますので、ご注意ください。
・給与や福利厚生、有給消化率、待遇面についてやたら質問する→この人は条件ばかりの人だと思われます。
・離職率を聞く→面接の場で、相手に失礼なことを聞くと、面接官の気分は悪くなりますよ。
・応募する病院のHPや情報を全く見ていない→別にうちの病院に入りたいわけではないのか、と思われます。
・面接官への質問を考えていない→ヤル気がないのかな、と思われます。

給与や福利厚生など気になるポイントではありますが、これに焦点を当てると勤務内容より待遇面の方が興味があると思われマイナスな印象を与えます。また自分が面接を受けるところのHPなどは必ず見ておくことも大切です。


いかがでしたか?今回は、面接のさまざまな場面で、面接官が見ていることをまとめてみました。面接官のココロを掴むのは熱意、やる気です!質問されると思われることの受け答え、質問したいことなど事前にしっかり用意して面接に挑んでくださいね★