【手浴編】ナースが教える看護手技講座!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
69_TOP_手浴.jpg


はじめに


忙しい業務の中で、患者さんの手先まで看れていますか?タッチケアも含まれる手浴をすることで、リラックスできる看護を提供していきましょう。


手浴とは?


入浴が困難な方や患者さんなどに対して、手先~手首の辺りまでをお湯につけ温めること。
部分浴の一つ。


手浴の目的・適応


・手指の保清・・・手指は汚れがたまりやすく不潔になりやすいため

・末梢の血行促進・・・軽いチアノーゼの改善や、保温効果がある

・タッチケア・・・・手と手が触れ合うことによって安心感が得られる

・爪切り前に行うと爪が柔らかくなり切りやすくなる


手浴に必要な準備


・洗面器やビニール袋・・・状態に合わせて選ぶ

・タオル

・防水シーツ・・・布団や衣類が濡れないように

・クッション・・・・腕の位置を調整する

・お湯・・・温度の調整(温度の好みを患者さんに聞いておく)

・石鹸(必要時)・・・保清目的の場合

・アロマオイル(必要時)・・・香りによるリラックス効果あり

・保湿剤


手浴の手順


1、体位を整える・・・患者さんのADLに合わせ、手がしっかりと洗面器につかる位置に調整。
 *寝たきりの場合、洗面器では困難なためビニール袋にお湯を入れて行うと、効率的。

2、洗面器等のセッティング・・・患者さんの布団や衣類を濡らさないように配慮。

3、温度を確かめながら、手をお湯につける。

4、お湯の中で手を温めながら洗う・・・必要であれば、石鹸をつける。マッサージするように優しく洗う。

5、温まったら、手をゆっくりとお湯の中からだしてタオルで拭く。

6、反対の手も同様に行う。

7、拭き終わり、乾燥しているようであればクリームなど塗布。

*乾燥肌の方に対して、手浴のお湯にオイルを垂らして行うと、肌がしっとりとします。


手浴の観察項目・アセスメントなど

 
・手指の血行が改善されているか

・患者さんの反応

・表情の変化

・手指の拘縮がある場合、ゆっくりと開くようにして行う


おわりに


忙しい業務の中で患者さんのことがしっかりできていないなと感じるときこそ、非言語的コミュニケーションとして手浴をお勧めします。

数値や患者さんの言動だけでは理解できない部分がたくさんあります。手浴というタッチケアを通じて、信頼関係を築き、手と手のふれあいの大切さを感じてみてください。

長年働いてきた患者さんの手を洗わせてもらうことによって、患者さんの昔話も盛り上がりますよ。

手浴は手間がかかってしまうからできないという方は、まずは患者さんの手を握ることから始めてみるのもいいかもしれません。

患者さんに手のぬくもりと安心感を伝えられるといいですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加