美と健康を保つ「酵素」がスゴイ!生野菜に秘められた効能をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
852_TOP_野菜.jpg

http://www.stockvault.net/


野菜は体に良いと言われていますが、生で食べるか、火を通すかによってその効能は異なります。どちらにもメリット、デメリットはありますが、多忙な中でも、しっかり栄養素を取って健康体でいられるよう、今回は看護師さんに知って欲しい、「生野菜」にフォーカスしてその効能と摂取方法をご紹介したいと思います。


【酵素とは?】


「酵素」とは生物がいきていく上で欠かせない物質です。食べ物の消化や代謝、血液の循環、呼吸、皮膚の新陳代謝などあらゆる働きに関わっているため、人間が生きていくために必要不可欠となっています。
酵素には、人間の体内に存在する「消化酵素」「体内酵素」と食物に含まれる「食物酵素」の3つの酵素が存在します。


【酵素は生野菜、フルーツに含まれている】


「食物酵素」は熱に弱いという特徴を持っています。生の野菜や果物、発酵食品に多く含まれます。

酵素が多い野菜
大根、キュウリ、小松菜、にんじん、セロリ、青ジソ、トマト、レタス、パセリ

酵素が多いフルーツ
パイナップル、パパイヤ、キウイ、マンゴー、パパイヤ


【酵素の摂り方】


人間は食事をすると消化酵素を使って消化を行うため酵素が減ってしまうのですが、食前に食物酵素を取り入れることにより消化酵素を補うことができます。つまり、
1、まず食事の最初に生野菜を取り入れることが大事!
2、決して加熱処理を加えない!
3、新鮮な野菜を選ぶこと!

最初に野菜を食べることで酵素が消化を助け、代謝も活発にします。酵素は加熱すると死滅してしまうので、生のまま摂取しましょう。古くなった野菜より新鮮な野菜の方が、ビタミンやミネラルが豊富で栄養価も高いので、みずみずしく色が鮮やかな野菜を選ぶようにしてください。


【生の大根の酵素がスゴイ!】


852_赤大根.jpg

http://www.stockvault.net/


生の野菜の酵素をさらに効率良く摂る方法は、すりおろすことです。酵素は皮に多く含まれているので皮ごとすりおろしてください。すりおろすことによって酵素の働きは2倍、3倍にもなるそうです。おろしと言えば、「大根おろし」!大根おろしにはでんぷん質を分解するアミラーゼ、たんぱく質を分解するプロテアーゼ、脂肪分を分解するリパーゼが豊富に含まれており消化を助ける効能があります。

よく焼き魚に大根おろしがそえられているのには理由があったのですね!また、にんじんやたまねぎなどもすりおろすと効果大です!
※生野菜や果物の酵素は、空気にふれると酸化しやすいので、酵素が失われないよう食べる直前にすりおろすのがオススメです。


【生野菜のデメリット】


生野菜や果物には酵素が多く含まれており体に良いことがわかりましたが、1日に必要な野菜の量を全て生野菜で摂るにはかなりのボリュームとなってしまいます。たくさん生野菜を摂る工夫としてスムージーにするのがオススメです。スムージーなら多数の野菜や果物を合わせて摂ることができ、飲みやすいので朝いちばんの食事にも向いています。


おわりに


いかがでしたか?生野菜や果物には酵素パワーがあることがおわかりいただけたと思います。最近、疲れやすい、肌荒れが気になる、体がだるい、などの症状がある看護師さんは、もしかすると酵素が不足しているのかもしれません。ぜひ日々の食事に生野菜を取り入れて美肌、健康な体を手に入れてくださいね!

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!