「この症状、もしかして輸血の副作用?」看護師の知識と観察力が異常の早期発見につながる!【看護師はやの勉強ノート】vol.8

2022.3.21


今回は輸血の副作用についてまとめました。

まずは、副作用にどのような症状があるかを把握しましょう。
バイタルサインは基本です。投与前と投与後の変化が数値で示されます。

病棟では、投与を行うのは看護師が大半です。
異変にすぐに気づくことができるのも看護師の役割です。

重篤な副作用は早急な対応が必要となります。しっかり観察していきましょう。

はや



【作者プロフィール】
はや
絵を描くことが好きな看護師。
役立つ知識がぎゅっと詰まったゆるいタッチのイラストが魅力。
勉強に関することや看護師あるあるなど、様々な情報を発信している。

Instagram:@hayao_kam
Twitter:@hayao_kam


【バックナンバー】
看護師はやの勉強ノートvol.1 ~化学療法の副作用~
看護師はやの勉強ノートvol.2 ~化学療法の基礎知識~
看護師はやの勉強ノートvol.3 ~血管外漏出~
看護師はやの勉強ノートvol.4 ~レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系~
看護師はやの勉強ノートvol.5 ~三大栄養素と消化酵素~
看護師はやの勉強ノートvol.6~胃がんの転移~
看護師はやの勉強ノートvol.7 ~スタンダードプリコーション~

 
登録は1分で終わります!

この情報はお役に立ちましたか?