看護師としての新しい働き方!医療メディエーターとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3061_TOP_看護師としての新しい働き方、医療メディエーターとは.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


病気になって不安な患者さん、トラブルを避けようと必要最小限の説明にとどめる医師…。

両者のちょっとしたズレが、関係をこじらせてしまうことは少なくありません。医療事故や医療過誤などの医療ミスが起こった場合は、訴訟に発展してしまうこともあります。

そんな時に双方の間に入り、お互いの意見を聞いて橋渡しの役割を果たすのが医療メディエーター。必要となるスキルや資格の取得方法などをご紹介します。

728_90_3.png


医療メディエーターとは?


3061_1_医療メディエーターとは.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


患者さんの立場、医師・医療従事者の立場はそれぞれ異なるものです。医療の現場では、争うつもりはなくともつい感情的になり、冷静に話し合うことが難しいのが現実です。

患者さんの健康を守り、命を預かる現場ならではの難しさだともいえますね。

患者さん側と医師側の意見の食い違いが起こった時、第三者として中立な立場で話を聞く人物として注目されているのが医療メディエーターです。

メディエーションとは、仲介、仲裁を意味します。メディエーションによって、対立する両者の話し合いを助け、信頼関係を回復するお手伝いを行います。

対話や仲介を支援するメディエーションという手法を医療に取り入れたのは、アメリカやイギリスなど海外が先でした。

その流れから2005年から公益財団法人『日本医療機能評価機構』や『日本医療メディエーター協会』が医療メディエーターを養成する研修会を開催し、普及に取り組んできました。

資格を取得する方法


3061_2_資格を取得する方法.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


実は、医療メディエーターは資格ではありません。

社団法人『日本医療メディエーター協会』に申請し、16時間以上の養成講座を受講することで医療メディエーターとして認定されることが可能です。

認定を受けるために、日本医療メディエーター協会に入会・登録の必要があります。

年会費6,000円を納付して、入会年を含め5年を期限とし、ポイントを取得することで更新手続きを行わなくてはなりません。ポイントは、医療メディエーションに関する各種活動に参加することで獲得できます。

【受講料】30,000~40,000円(受講内容により異なる)
【受験できる場所】全国各地で開催されている

※詳細は日本医療メディエーター協会HP参照のこと。http://jahm.org/

資格を学ぶメリット


3061_3_資格を学ぶメリット.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


医療メディエーターのスキルを磨きつづけていくことで、次のようなメリットがあります。

もともと持っている能力を存分に生かせる


看護師の仕事は、患者さんを励まし、気持ちを切りかえる手助けをすることです。

患者さんに現状を乗り越え、前向きになってもらうためのコミュニケーションスキルは、看護師の持つ強み。その一方で、医療者側の立場も十分に理解しています。

将来も重要な役割となることが予想される


医療メディエーターは、高齢化社会でも大きな役割を果たしていくと思われます。

終末期医療や緩和ケアにおいては、医療従事者はもちろん、患者の家族内でも意見が食いちがうことが予想されます。家族それぞれの思いにズレが生まれることもあるからです。

例えば寝たきりのお父様の人工呼吸器を外さなければならなくなった時、ある家族は同意し、「もう休ませてあげたい」と思うかもしれません。
けれどもある家族は「まだ生きているのだから、このままあきらめたくない」と思うこともありえます。

医療メディエーターはこのような家族間の意見の違いがある場合にも、間に入って対話のお手伝いをすることになるかもしれないですね。

おわりに


2012年度の診療報酬改定で「患者サポート体制充実加算」が新設され、医療メディエーターの配置する病院は一定の評価を得られています。

医療には人と人とのコミュニケーションが不可欠ですから、今後もそのニーズが高まることは確実です。これからさらに医療メディエーター活躍の場が広がることが予想されますから、ぜひ取得を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!