看護師の小論文試験によく出るテーマは何?文章の書き方を例文つきで解説

2018.9.6

ko_2486.jpg

https://stock.adobe.com/jp/

看護師は入試試験や採用試験で小論文の提出を求められることが多いです。小論文は、あなたの考え方や価値観などを判断するための材料になります。そのため、自分をアピールできるチャンスともいえるでしょう。このコラムでは、小論文を書くために大切な4つの要素や基本構成などについてまとめました。また、看護師の小論文でよくあるテーマを集めたので、参考にしてみてください。









目次

看護師の転職・就職試験で小論文はなぜ必要?

採用側にとって小論文は、考え方や価値観、感性などに加え、看護師としての適性を判断する材料になります。そのため、看護師の転職や就職試験で小論文の提出が求められるケースが多いようです。また、原稿用紙の使い方や言葉の使い方など、基礎学力も評価の対象になります。

そもそも小論文とは、自分の意見や考えを説明するためのものです。そのため、「~だと思う」という感情的な表現ではなく、「私は、~と考える」というように説得力や論理的な表現が求められます。看護師としてどう考えているのかを相手に伝わるように書くことが大切です。

小論文の4要素とは

小論文が成り立つ要素として重要なのは「読解力」「発想力」「論理的思考力」「表現力」の4つです。小論文は、ただ単に自分の意見を連ねて書けばいいというものではありません。4つの要素や基本的な文章ルールなどをしっかり理解したうえで書く必要があります。
そこで、次の項目では4つの要素に沿って、評価されやすいポイントについてまとめました。



評価されやすい小論文のポイント

転職や採用試験の小論文を書くうえで意識したいポイントは、「テーマに対する自分の考えや見解、また、課題への目標や解決方法などが明確になっているか」という点です。くわえて、「誤字・脱字がないか、言葉の使い方があっているか」という基礎的な部分も評価のポイントになります。

読解力

小論文のテーマを理解するために必要なのが「読解力」。テーマと関係ない内容だったり、テーマが途中ですり替わってしまったりすると評価は下がってしまいます。出題されているテーマの理解ができているかどうかが評価のポイントになるでしょう。

発想力

テーマに対して、自分の経験や考えを具体的に結び付けていくのが「発想力」といえます。簡潔に要点をまとめるためには、テーマに沿った具体的な体験や考えが必要です。そのため、看護実習や看護業務で感じたこと、看護師になろうと思ったきっかけなど些細な経験から内容を考える発想力が大切といえます。

論理的思考力

テーマに沿った内容で書いたつもりでも、「論理的思考力」が相手に伝わらないと評価に繋がりにくくなります。論理的とは、「要点が簡潔にまとまっているか」や、「解決策や目標などが明確に示されているか」という点です。また、思考力について評価を得るためには、構成を意識して書くと良いでしょう。構成が整っている小論文は読みやすいため、内容が読み手に伝わりやすくなります。

表現力

小論文で正しい「表現力」を発揮するためには、誤字や脱字、文法の使い方を意識することが大切です。どんなに素晴らしい論理的思考を持っていても、正しい言葉を使って文章に出来なければ評価が下がってしまうでしょう。さまざまなテーマに沿って、文章を丁寧に書く練習をおすすめします。

小論文の基本ルール

小論文の基本的な書き方やルールは、原稿用紙を用いた作文を書くときのルールと同じです。そのため、まずは「原稿用紙の使い方」を確認しましょう。

原稿用紙には、縦書きと横書きの2種類があります。どちらの原稿用紙でも、話の内容が変わるときの「改行して1マス空ける」ことや、「句読点やかぎかっこは1文字として数える」ことなどは同じです。しかし、縦書きの場合は漢数字で書くことや、横書きで数字を書く場合は1マスに2つの数字を入れて良いことなどルールが異なる場合もあります。まず最初に原稿用紙の書き方の復習すると良いでしょう。

文章の基本ルールの一つに「語尾を揃える」という決まりがあります。語尾には、「~です・ます・でした」などの敬体と呼ばれる語尾と「~だ・である・た」などの常体と呼ばれる語尾があり、小論文の場合は常体で統一するほうが適切です。

小論文の課題の場合、文字数が指定されます。看護師が求められる小論文では、800文字~1000文字が条件になっている場合が多いようです。できるだけ指定された文字数の8割以上は書くように心がけましょう。800字指定であれば640文字以上、1000文字指定であれば800字以上となります。なお、指定された文字数よりオーバーした場合は減点や採点対象外とされることもありますので注意が必要です。

小論文は指定された文字数の中で自分の意見を述べる必要があるため、簡潔にまとめることが大切です。そのため、文章が長くなり過ぎないように気をつけましょう。1文が長すぎると読みにくい文章になり、自分の意図が相手に伝わりにくくなります。また、文字数を稼ぎたいからといって、同じ内容を何度も繰り返さないように気をつけましょう。

減点を最小限に抑えるためには、誤字・脱字がないようにすることが大切です。日頃から漢字に慣れ親しんだり、丁寧に書くように意識をしたりすると良いでしょう。

小論文の基本構成

看護師の小論文は「序論」「本論1」「本論2」「結論」の4段階で構成するのが基本です。指定文字数が800字のときには、序論(100文字)、本論1(300文字)、本論2(300文字)、結論(100文字)と考えて構成を練ると書きやすいでしょう。文字数の割り振りに関しては、テーマによって多少の変動があっても問題ありません。しかし、序論や結論が長く、本論が短いと相手に内容が伝わりにくくなることを覚えておきましょう。

序論

テーマに対する自分の考えを述べます。

「信頼される看護師とは」というテーマであれば、まず「信頼される看護師とは、相手の気持ちや考えを予測して動ける看護師である」というように簡潔に述べることが大切です。序論とは、小論文の導入部分になります。自分がこの小論文で伝えたいことや、相手が小論文を読み進むにあたって理解しやすくなるように書くと良いでしょう。

本論1

自分の考えに対する説明を述べます。

たとえば、前述の続きで序論が「信頼される看護師が、相手の気持ちや考えを予測して動ける」ことであれば、どうしてそう考えるのかを具体的に書きます。たとえば、「手術室看護師を経験して、医師の考えを予測し良いサポートができた」「患者さんの気持ちを考えて看護提供したことで、信頼関係が築けた」などの経験を含めた理由を挙げると良いでしょう。

本論2

本論1を深堀して具体的に述べます。

本論1に関する内容に沿って、自分の考えを述べると良いでしょう。経験や失敗から、「信頼されるとはどういうことか」「信頼がないとなぜ困るのか」などを深堀りします。

結論

テーマに対する解決策や目標などを挙げて、文章を締めくくります。

信頼される看護師になるために、「今後どうしたいか」「どうしたら相手の気持ちや考えを予測できるか」など序論で述べたことと繋げて書くようにすると文章にまとまりが出てきます。

看護師の小論文でよくあるテーマは?

看護師の小論文でよく出題されるテーマは、看護観や社会問題、医療についてなどさまざまです。ここでは、テーマの内容を5つに分類して紹介します。

1. 一般的な社会問題について

近年課題とされている社会問題について出題される場合があります。ここ数年で取り上げられている環境問題や少子化対策などについて自分の考えを持っておくと良いでしょう。また、看護師としてできることはないかという点も含めて考えるのがおすすめです。

・SNSの利用や情報化社会における問題点
・少子高齢化社会に向けて看護師に求められること
・地球温暖化について
・いじめ問題について
・情報社会におけるマナーのあり方とは

2. 医療について

医療や看護に関する具体的なテーマから意見を求められる場合もあります。教科書に載っている単語もあれば、具体的な医療用語までさまざまです。授業や課題、実習で学んだ医療用語に注目しておくと良いでしょう。

・医療ミスをなくすためにはどうしたらいいか
・チーム医療について
・心の健康について
・医療従事者としての心構え
・セカンドオピニオンについて
・信頼される看護師とは
・看護師ができる社会貢献とは何か
・ファーストレベルに求められることとは
・地域医療で看護師が貢献できることとは
・看護師が考える感染予防とは
・患者さんとコミュニケーションで気を付けていること
・インフォームドコンセントにおける看護師の役割
・看護師の倫理綱領から考える責任とは
・個別性を重視する看護実践とは
・専門職としてより質の高い看護を提供するために必要なこと

3. 時事問題について

試験の年や、その前の年に大きくニュースになったことがテーマになる場合もあります。社会問題と同じように、関心を持つようにしましょう。また、看護師としてできることや、看護師の役割なども重ねて考えると小論文を書くときの材料になります。

・災害医療について
・虐待について
・新型コロナウイルス対策について

4. 自分について

自分の長所や、将来の看護師像など自分の体験や経験に関することもテーマになりやすいです。特に看護系の学校の入試問題や看護学生向けの就職試験で出題される場合が考えられます。

・あなたの看護観について
・看護師のなろうと思ったきっかけ
・看護実践のなかで最も大切にしていること
・どのようなキャリアアップを目指しているか
・今までの実習や仕事で学んだことは何か
・5年後、10年後の自分はどうなっていると思うか
・将来の夢について
・どのようなキャリアプランを持っているか
・この診療科を選んだ志望動機は何か

5. その他、抽象的なテーマ

思いやりや人間らしさ、生きることなど抽象的なテーマに対する考えを求められることもあります。哲学的な要素が含まれていますが、具体例を織り交ぜて書くと伝わりやすいでしょう。自分の過去の経験などに結び付けると書きやすいかもしれません。

・看護師にとって「癒す」「癒される」とは
・心の豊かさとはどんなことか
・命についてどう考えるか
・思いやりとはどういうことか
・あなたが考えるチームワークとは
・看護師に必要な優しさとは

以上のテーマは「課題作文型」に分類され、看護系の専門学校や大学の入試問題、就職・転職試験など幅広い試験で出される傾向があります。

そのほかの分類としては、提示された新聞や文学の一部を読んだうえで自分の考えを書く「課題文読解型」や、あるテーマに基づいたグラフや表から分析をして考えを述べる「資料分析型」があります。小論文を書く前に、提示された文章やグラフを読み取る力が必要です。主に看護系の大学で出題される傾向があるため、過去問などで出題傾向を確認すると良いでしょう。

看護師の小論文の例文

ここでは、「高齢化社会に向けて看護師が求められる役割とは何か」(800字)というテーマに沿った小論文を紹介します。例文を参考にしながら、「序論」「本論1」「本論2」「結論」の構成をチェックしましょう。

序論

高齢化社会において看護師に求められる役割は、高齢者ができるだけ長く生活の質を維持できるように支えることだと考える。そのためには、治療に関する看護だけではなく、病気を予防するためのサポートも必要となるだろう。

本論1

私が健康の維持について考えるようになったのは、祖母がきっかけである。85歳の祖母は、自転車で買い物に行き、地域のサークル活動にも積極的に参加していた。年齢に関係なく、楽しめることはたくさんあると祖母を見ていて感じた。しかし、祖母は洗濯物を干す際に転倒し足を骨折してしまった。退院後も車いす生活が続き、自分の思うように動けなくなったことで生きる楽しみを失ったかのように見えた。私は、その姿を見て、人生を楽しむためには「健康を維持すること」が大切だと考えるようになったのである。また、退院後のリハビリや病気の自宅療養においては、訪問看護も重要な役割を担っていると実感した。

本論2

病院における看護師の業務内容は、医療における医師のサポートや介助だけではない。入院患者の生活支援も業務の一環である。この生活支援に関する業務は、介護の分野とも深く関わっていると考えられる。つまり、看護師は医療と介護の両方に携わることができるのだ。高齢化社会で求められるのは、健康を維持するための看護である。そのためには、病気に対する看護だけではなく、健康な高齢者へのサポートや訪問看護も必要だと考えられる。

結論

これからの看護師は、医療と介護の中間の働きが求めらるのではないだろうか。そのために、私は医療のサポートとしての看護技術だけではなく、病気や怪我の予防についての知識も学んでいきたい。1人でも多くの高齢者が健康を維持できるよう、看護師としてできることを実践していきたいと思う。

小論文試験の注意点

小論文の試験では、テーマに関する文章の流れや文字数はもちろんのこと、時間配分にも注意しなければなりません。まず、最初の5分ほどで、書く内容について余白にメモを取ると良いでしょう。箇条書きでいいので、序論・本論・結論の内容を決めます。試験終了の5~10分前に終われば見直す時間ができるため、自分で目標時間を設定してから書き進めるようにしましょう。

時間配分に失敗しないためには、練習のときから時間を計るようにします。自分がどこに時間をかけてしまいやすいのかを知ることで、対策を考えることも可能です。

出題されたテーマに関して動揺しないためにも、さまざまなテーマを予測しておくことが大切です。時事問題に関しては、その年によって出題されやすいテーマが変わります。政治、経済に関しては日本のことのみならず、世界で起こったことについて触れられる場合もあるでしょう。新聞やニュース記事をチェックして、おおまかな内容を掴んでおくのがおすすめです。

看護師の小論文対策

小論文対策として重要なのは、書く練習をすることです。文章を書くのに慣れることで、基本のルールが定着し、誤字・脱字も減ってきます。

練習をする際には、過去問があるかどうか確認しましょう。過去問があれば、出題傾向の高いテーマを絞ることができ、練習がしやすくなります。自分のことについてのテーマが多い傾向があれば、看護観や理想の看護師像など比較的書きやすいテーマから練習するのがおすすめです。

書き方については、参考書や本を活用して対策をとると良いでしょう。参考書には出題されやすいテーマや小論文の例文などが書いてあります。また、原稿用紙の使い方や文章の基本ルールなどを確かめるためにも1冊は持っておくのをおすすめします。
また、テーマによっては医療用語から出題される場合も。教科書に出てくる医療用語や、現代社会が抱える医療問題などについて調べておくと良いでしょう。

小論文は客観的に読まないと評価がしづらい試験です。そのため、練習の際も誰かに添削してもらうようにしましょう。学生であれば、学校や塾などの先生に頼むことができます。また、卒業後や転職するときの添削では、就活・転職エージェントを利用する方法も。きちんとした添削が得られれば、苦手な部分を重点的に対策ができます。

転職を目指す看護師が小論文をチェックしてもらうなら…

小論文は、看護系の専門学校や大学の入試試験、就職の採用試験などで導入されています。テーマによっては看護師ならではのものもあるので、対策をしっかり練るのがおすすめです。

また、小論文は自分をアピールできるチャンスでもあります。書くポイントを押さえて、自分の考えを表現できると良いでしょう。

転職の場合でも小論文の提出を求められることがあります。転職に不安な方は、「看護のお仕事」にご相談ください。看護のお仕事では、プロの転職エージェントが必要書類の添削や面接対策など、しっかりとフォローします。

業界トップクラスの求人数から、あなたにピッタリな求人をご紹介。面接日の調整や連絡といった、転職に関するスケージュール管理も対応します。
この機会に、お気軽にご相談ください。



使いやすさテストのモニター募集!