お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

「看護師に向いてない…」看護学生が悩みを振り払う方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1597_top.jpg


「看護師に向いてない」看護学生の中に、そう感じたことがある方はいませんか?このコラムでは、看護学生が「看護師に向いてない」と感じる要因となったケースをご紹介。原因分析の方法や対策、考え方の転換方法を解説しています。

「看護師に向いていない」と悩んでいる看護学生は、以下のような心配ごとを抱えているケースがあります。

●看護現場でミスが続く
●体力、精神力が限界
●性格が合っていないと感じる

もしも、このような悩みごとを放置したままにしておけば、いずれ無力感に苛まれたり、理想と現実のギャップに苦しんだりすることになるかもしれません。

そこで、このコラムでは看護学生が「看護師に向いてない」と感じたときの対処法をご紹介していきます。


看護学生が「看護師に向いてない」と思うのはなぜ?


悩み.jpg


まずは「看護師に向いてない」と、お悩みの方によく見られるケースを紹介します。
ご自身の経験と照らし合わせて、悩みの原因は何なのかチェックしてみましょう。

ミスで落ち込むタイプ


主に看護実習の現場で失敗をしてしまい「看護師に向いてない」と感じてしまうケース。
たとえば以下のような事例がよく見られるケースです。

●緊張のせいか、覚えた手順を間違える
●小さなミスが続く
●覚えなければいけないことが多く、状況に応じた臨機応変な対応ができない

特に、患者さんの生命を預かるという責任感や、他の学生と自分を比べたときの劣等感が背景にあるために、失敗を重く受け止めがちな方が多く見られます。
中には、ミスや失敗の自責で自己嫌悪に陥ってしまう方もいるようです。

体力・精神力が不安なタイプ


看護師は、他人の人生に深く関わる仕事かつ、就業時間が安定しないことも少なくありません。そのため、体力・精神面のタフさが重要なポイントといえるでしょう。それだけに、以下のような悩みを抱える看護学生も多いようです。

●夜勤などの勤務体制が生活リズムに合わない
●多忙で体力、精神ともに疲弊してしまう
●力仕事が苦手
●重篤な患者さんと関わったり、患者さんを看取ったりするのが辛い
●突発的な事態に追われるため、ストレスを感じる

もちろん業務に慣れることや、同期・先輩看護師と協力することで、いずれ負担を軽減することができるかもしれませんが、それでも諸処で辛さを感じることはあるでしょう。

性格が合わないと感じるタイプ


「看護師に向いてない」とお悩みの看護学生の中でも、「性格が看護師に向いてない」と感じる方は多いようです。性格の悩みは人それぞれですが、たとえば典型的なケースとして以下の2つが挙げられるでしょう。

●内気な性格で、コミュニケーションが苦手
●人見知りで、人間関係がうまくいかない

看護師を取り巻く人間関係は、患者さんや先輩看護師など、さまざまです。
患者さんとコミュニケーションが取れなければ適切な看護はできず、ほかの看護師との協力体制がなければ臨機応変な看護はできません。
それだけに性格の面に感じる不安や不満はとても大きいようです。

「看護師に向いてない」と感じる原因を調べて解決する


解決.jpg


「看護師に向いてない」と感じたとき、最も重要なことは「その原因を探ること」です。
ミスをしたから、性格が合わないから、などは「看護師に向いてない」と思うに至った表面的な原因に過ぎず、その背景にはたとえば以下のような根本的な原因が隠れているケースがあります。

●他人からの一方的な評価
●誰かと自分を比べたときの自己卑下
●自己嫌悪

たとえば「実習でミスが続くから、看護師には向いてないのではないか」という考えを持ったときにも、ミスをしない看護師との比較や、ミスを咎める他人の存在などが影響しているケースがあります。
「看護師に向いてない」と感じたときに、無意識のうちに自己嫌悪や自己卑下が根底にあると、輪をかけて自己否定的な方向へと考えが及びかねません。
そこで必要なのは、根本的な原因を把握して、その原因を解決するために行動してみることです。

本項では、看護学生が「看護師に向いてない」と考えてしまう原因と、解決法をご紹介します。

知識や技術不足


「看護師に向いてない」と感じるのは、知識・技術不足が根本的な原因かもしれません。
新しいタスクに挑む際は誰でも知識・技術不足です。それに係るミスや失敗、緊張などの悩みはあって当然と考え、同じ失敗を繰り返さないようにするには、どうすればいいのかを考えるのが得策といえるでしょう。そのためにはメモを取ったり、わからないことは積極的に質問したりするのが効果的です。
知識・技術不足が原因の悩みは、看護師としてスキルアップすることで、軽減していくことができるかもしれません。

体力や精神力不足


体力・精神力に関する悩みは、知識・技術不足に原因を求める考え方にも重なるところがあります。
たとえば、看護学生が初期に覚えるベッドメイキング。はじめのうちは手間も時間も労力も掛かるでしょう。慣れないタスクなので、気を遣ったり疲れたりするかもしれません。しかし、実践の回数を重ねるにつれ、習いはじめの頃よりも作業の手際が良くなっていくはずです。それに伴い、体力・精神力の面の負担は潜在的に軽減されていきます。つまり、慣れや経験によってもたらされる知識・技術面の向上は、体力・精神力へ掛かる負担を軽くしてくれるのです。初めての作業に1時間取り組むのと、慣れた作業に1時間取り組むのでは、体力・精神力の面で感じる負担は違うのではないでしょうか。
その一方で、ストレスなどの精神的な負担は「慣れ」で克服することが難しい場合もあります。また、体力的な不安は拭えないという方もいるのではないでしょうか。そんな時は、周囲の先輩に相談したり、メンタルコントロールの本を読んだり、体力をつけるために運動をしたり、疲労回復に努めたりして、自分に合った解決策を探して見るのが良いでしょう。

コミュニケーション不足


患者さんや医者など、さまざまな人と接する看護師には円滑なコミュニケーションが必要です。しかし、内気な性格でコミュニケーションが苦手という看護師の方はたくさんいます。
そこで意識したいことは、「相手の話をよく聞いて、自分の意見を伝える」というコミュニケーションの基本に従うことです。
こうした基本的なコミュニケーションを毎日着実に積み重ねることが、コミュニケーションの能力の向上につながります。

看護師になりたい動機を明確にする


喜び.jpg


「看護師に向いてない」と悩むときは、悩みの原因を解決していくことが有効ですが、一方で「看護師になりたい動機」を明確にすることも重要です。看護師になりたい動機は人それぞれですが、以下のような動機を持っている人も多いのではないでしょうか。

●患者さんと喜びを分かち合える
●患者さんの笑顔や感謝の言葉が嬉しい
●患者さんの人生に深く関われる
●ドラマや映画の看護師に憧れる

「看護師に向いてない」と悩む方は、「向いてるか、向いてないか」ではなく、動機に目を向けて「だから看護師になりたい」に発想を転換すれば、考え方も変わるかもしれません。

自分に合った職場を探す


昨今は看護師業務の幅が広がり、看護師が活躍できる職場が増えてきました。
そこで「看護師に向いてない」とお悩みの方に検討してほしい、性格に合わせた様々な職場を抜粋してご紹介します。
将来的なキャリアを考えるうえで、参考にしてみてはいかがでしょう。

療養型病院


療養病棟では、比較的長期間の看護が行えます。かつ患者さんは高齢の方が多数なので、高齢の方に寄り添った看護がしたい方におすすめです。
高齢の方が療養に専念できるような落ち着いた環境が多いのが特徴的といえるでしょう。

急性期病院


急性期病院では地域の救急・急性期医療の最前線で活躍することができます。
業務中は次々と対応に追われる場面や、プレッシャーがかかる場面もありますが、高度で幅広い看護テクニックを磨きたい方にオススメだといえそうです。

診療所・クリニック


診療所・クリニックは、ほとんどが無床なので、日勤希望の方にオススメ。患者さんの大半はその地域に住んでいる方たち、という近い距離感で看護ができる職場も多いです。
より地域に密着した看護を行いたい方は選択肢に入れてみてはいかがでしょう。

保育園・幼稚園


募集は少ないものの、子供好きの方は保育園や幼稚園勤務を考慮してみるのもいいかもしれません。
主に子どもの健康管理や応急処置、アレルギー対策などを行っています。

高齢者施設


特別養護老人ホームや介護老人保健施設、デイサービスなどの高齢者施設にも、看護師が活躍する機会があります。
高齢者の方の面倒を見るのが好きで、急性期病院ほど慌ただしくない環境が希望の方は選択肢に入れてみてはいかがでしょう。

産業看護師


産業看護師は会社員として働くことになるので、基本的には日勤のみで土日は休みです。そのため体力・精神の面の負担が比較的小さいというのメリットがあります。
その一方で、求人件数が少ないため、産業看護師を目指すなら求人の探し方には工夫が必要かもしれません。

検診・健診センター


検診車で企業や学校の巡回検診をしたり、クリニックで検診を手伝ったりします。パートやアルバイトの求人も多いようです。
基本的に日勤で残業がないことが多いので、ワークライフバランスを重視することができるでしょう。