お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

共働き夫婦の子育てってどんな感じなの?ナースの夫・ハルオさんに聞いた“我が家の3つのルール”【奥さんは看護師vol.9】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3622_TOP.jpg



ついこないだ年が明けたと思ったら1月が過ぎ去ったことに驚きつつ、年度末までもうすぐだな~コロナは落ち着かなそうだな~オリンピックやるのかな~なんて考えながら過ごしております。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

医療従事者においては心身ともに疲弊する時期が続いていますが、私も身近に看護師な奥さんがいるので、出来ることはやって無駄な衝突がないように息を潜めております。

STAY HOMEで子供との時間が増える一方ということもあり、今回は育児上の問題や課題を通して我が家庭におけるルールなんかをお話ししていければと思います。

cta_banner_070.jpg


子供の前でお互いを否定しない

3622_1.jpg

これは、私が小さい時に両親がケンカしているのを見たくなかったという経験もありますし、見た時はなんとも言えない気持ちになった記憶があります。至極当たり前ではありますが、世の親御さん達にも共感いただけるのではないでしょうか。

物心がついて、両親の立場や置かれている状況が判断できるようになれば、理解や判断が追いついて受け止められることもあるでしょう。しかし、子供が小さい時はメリット皆無で、イタズラに不安にさせる以外の効果はないだろうと思っています。

加えて、幼心に刷り込みのごとく両親(だいたい父親が悪いとなるのが多いんですかね)と子供との間に感情のもつれが出てくる可能性が大いにあるので、意見の食い違いや言いたいことがある時は「後で」「子供がいない時に」話し合おうという暗黙のルールのもと運用しています。


失敗やその取り組みを是とする


3622_2.jpg


今、幼児教育はモンテッソーリ教育とかいろいろあると思います。自己肯定感がどうのとか、褒めてあげると良いとか、早いうちから“効果的”と思われる教育をやったほうが良いとか…。

いろいろと教育的観点での話題や書籍になっていることもありますが、私はあくまで経験則として人生において「なにか行動する」ことの重要性を感じているので、それをただ単に説いていきたいという気持ちです。

子供がどう育ってほしいとか、こうあってほしいとか個人的にはないですし、コントロールできるものでもないと初めから思っているのですが、自分の人生の経験を通して伝えたいこと(=これが私の教育論なのかもしれませんが)はこれのみです。

「失敗は成功の母」

失敗の許容範囲が広がれば余裕も出ますし、人にも厳しくならない(理解できるので)と思っているので、これが唯一の「教育論」でかつ処世術なのかなと思っています。

子がどんな成長を経てどんな大人になるのかは、想像するのも限界があり知る由もありませんが、自分で体験せずにわかったような気持ちになってしまう頭でっかちな人にはなってほしくないなーと思っています。やる前から悟らないでほしいです。

とは言いつつもコントロールできるものでもないので、「失敗しても良いんだよ。失敗が悪いわけではないよ。経験になったね。次に活かせるね」ということは引き続き伝えていきたいと思っています。


ダメと言う時や怒った時は理由も伝える

3622_3.jpg

これも子供のしつけや教育などの枠を越えて、仕事でも生活でも個人的に心がけているものなので、「子供だけに」って話ではもはやないのですが。

そりゃ理由を伝えないと子供といえど腑に落ちないだろうなと思ってますし、子供がうまく自分の気持ちを表現できないのは当然として、大人が同じようなことをしたら子供と一緒じゃないかと思ったりするので。まだ理解するには早いかなと思ってもいちいち伝えるようにしています。

私は第一子なのでいろいろと初体験が多いのですが、予想以上に想像以上に大人の会話と言葉を吸収しているなというのが率直な印象でした。

子供の頭はスポンジが如く吸収するとはよく言ったもので、日常的に使っている言葉だけでなく、ポロッと使った言葉もよく覚えているので驚く反面、自分たちも注意もしないとなーと奥さんと話しています。

特に保育園の話とか先生の固有名詞を出しての話は、無邪気に保育園でも言いそうなくらいなので、子供の前で話す時は気をつけています(聞かれて困る話はしてないのですが、何を話すかわからないっていう怖さは共感してくれると思います)。

朝のものすごい忙しい時のイヤイヤや、歯磨きを頑なにしない時なんかはこっちが「ムキー!!!」ってなることもよくありますけど、仕事の時間のことや電車のことなんかを話してます。多分ほとんど理解してない(遅刻の概念も彼女にはまだないと思うので)とは思いますが、パパも困ってるということを伝えるようにしています。伝えてもやってくれることなんて少ないですけどね…汗


育児って思うようにいかないことが99%だと思いますけど、親でも奥さんでも仕事でも育児でも、伝えることを辞めたら負担や我慢が全部自分に跳ね返ってきちゃうと思うので、自分のためにも周りには伝えていきたいと思いながら日々奮闘しています。

皆さんが育児で大切にしていることはどんなものでしょうか?
いろいろな人の考えを聞いてみたいものです。ではではごきげんよう。



【奥さんは看護師 バックナンバー】
vol.1 ~コロナウイルスの影響~
vol.2 ~同一労働同一賃金~
vol.3 ~失業時・育休時の給付制度~
vol.4 ~看護師業界のココを変えたい~
vol.5 ~看護師の夫としての心得~
vol.6 ~結婚相手に大切なこと~
vol.7 ~男の結婚へのマインド~
vol.8 ~我が家のお金の話~

【プロフィール】
ハルオ

看護師を妻に持つサラリーマン。
看護師×サラリーマン夫婦の実態やサラリーマン目線で見る看護師・看護師業界について発信している。
ブログ:奥さんは看護師.com
Twitter:@Haru_Ltd

【イラスト】
gaamiii
Instagram:@gaa_miii

cta_banner_070.jpg