合コンで「看護師」を最大限活かすための3つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
439_TOP_合コン中の男女.jpg

http://www.pakutaso.com


「結婚したい女性の職業」「合コンしたい職業」で常に上位にランクインする「看護師」という職業。男性から見た看護師のイメージは今も昔も変わらず『白衣の天使』のようです。実際に看護師がどのような職場で、どのような仕事をしていて、どのような悩みを抱えているのか理解している男性はほんの一握り。
合コンに行った時に、「思ったより家庭的じゃない」「イメージと違う」と思われてしまうことがあると思いますし、そういった男性側の勝手な思い込みによって合コンがうまくいかないこともあると思います。
普通なら不愉快に感じてしまうところですが、いえいえちょっと待ってください。
本当はもっと看護師という職業を理解してほしいところですが、逆にそういった男性のイメージを利用すれば合コンでモテるようになることも、好きな人を振り向かせることも可能です。
今回はそういった男性が持つ看護師のイメージを踏まえた上で、看護師が合コンでモテるためのコツをご紹介します。

tips0【前提】



「男性が持っている「看護師」のイメージ」

男性は今も昔も看護師のことを『白衣の天使』だと思っています(思い込んでいます)。医療従事者でもなければ、看護師と触れ合う機会は病気にかかった時ぐらいですし、病気で弱った時に接してくれる人の優しさはいつもより敏感に感じとってしまいますから、そう思うのも無理はありません。

<男性が思う白衣の天使って?>
1.優しくて、面倒見が良い(甘えさせてくれる女性)
2.常に冷静で機転が利く(気配りができる女性)
3.精神的に自立している(おおらかで包容力がある女性)
4.美人、かわいい(ナース服は50%増し!)
5.経済的に安定している(ナースは高給与)

1~4までは、患者としての自身の過去の体験からそう感じているのでしょう。4は非日常の体験がいつも以上によく見せてしまう“アレ”です。普段私服や作業着の男性がたまにスーツを着ているのを見てかっこいいと感じてしまうのと似ていますね。5は実際に自分で経験はしていないものの、一般的なうわさで聞いているところです。最近は『ダブルインカム』という考えが広まりつつあり、ここを重視する男性も今後は多くなるかもしれません。

tips1【合コン前】にできればやりたいこと


439_秘密ポーズの女性.jpg

http://www.photo-ac.com


「看護師ということを伝えないこと」

できるだけ男性が先入観を持たない状態で出会うことが重要です。
ただでさえ結婚相手や恋人、合コン相手として人気の看護師という職業ですから、相手も看護師と聞くだけで少なからずテンションは上がることでしょう。
看護師という職業を見せて、少しでも良い相手を呼びたいという気持ちはわかりますが、出会いを求めている男性であれば、合コンの相手が看護師でなくても来ます。看護師であればラッキーですが、それを知った瞬間にいろいろと想像をふくらませて合コンに臨んでくることでしょう。
看護師であることを事前に伝えるのは、単純にハードルを上げる行為になってしまうのです。


tips2【合コン時】ポジティブな印象を与える



合コン時には、遅かれ早かれ看護師であることは男性にも伝わると思いますので、今度は看護師であることを武器にしてポジティブな印象を与えましょう。
男性のイメージに対して「合わせる」のか、「裏切る」のかこのあたりは相手に合わせて選択してください。

(1)
「『白衣の天使』のイメージに合わせる」
439_お姉さん系の女性.jpg

http://www.pakutaso.com


前述の通り、男性は看護師のことを「甘えさせてくれる」「気配りができる」「おおらか」と考えています。これらをまとめると、「イイオンナ」タイプの女性であると言えます。芸能人でいうと「篠原涼子」や「天海祐希」のイメージです。経験値が高く、わりと何でも受け入れられるという印象を与えるのが良いでしょう。

■「イメージを合わせる」のに向いている男性像
→年下の男性、草食系男子、サラリーマンや経営者
■具体的に必要な行動
・料理の取り分けてあげる
 →「私やります」という前に手が動いているぐらいが理想。自然な形でできると良い。
・相手の考え価値観を理解する。
 →反論は絶対NG。反論がある場合は「そういう考えもあるよねぇ。私は~って考えてた。」と受け入れていると見せつつ、自分の主張ができると良い。
・服装はキレイめで
→「AneCan」「Oggi」系の服装がオススメ!


(2)
「『白衣の天使』というイメージを裏切る」
439_かわいい系の女性.jpg

http://www.pakutaso.com


合コンでは必ずしも「イイオンナ」だけがモテるというわけではなく、「かわいい娘」タイプの方がモテる場合も多いです。芸能人でいうと「ローラ」や「綾瀬はるか」のイメージです。「甘えん坊」「マイペース」「おっちょこちょい」というところに惹かれる男性は多いですが看護師に対してそういった印象を持っていないので、ギャップを見せることによって看護師としての自分をより魅力的に見せることができます。

■「イメージの裏切る」のに向いている男性像
→年上の男性、肉食系男子、グイグイ引っ張るエグザイル系、広告マン、商社マン

■具体的な行動
・料理を取り分けてもらう
→男性の好意に甘えてしまいましょう。「ダメなヤツだな」と思われるぐらいが丁度よいです。
・悩みを相談する
→職場の悩みや人間関係について相談してみてください。男性は頼られることが嫌いではないです。また、隙のない女性にはアプローチしづらいので、悩みを相談するなどして適度に隙をつくることもまた重要なことです。
・服装はカワイイ系
→ぱっと見で明るい、カワイイ感じの服装だと良いでしょう。伊達メガネやハットなどツッコミどころのあるアイテムを持っているとなおよいでしょう。


tips3【合コン時】ネガティブな印象を与えない


439_お金についてもめる男女.jpg

http://www.pakutaso.com


(1)
「病院内の内輪ネタを話さない」
ある調査では合コンで嫌われる事の1位になっているほどですので、やってはいけない行為と言えます。同じ職場の看護師同士で一緒に行かれることも多いと思いますので、仕事の話をするとついつい内輪ネタになってしまいがちです。ですが、内輪ネタになった瞬間、男性陣は話に参加できなくなります。周りの男性が黙ってしまったら、それが危険信号です。その時には話題を変えてみることをおすすめします。

(2)
「患者さんの悪口を話さない」
基本的に人の悪口はNGです。特に患者さんの悪口は印象がよくありません。一度愚痴を言い始めてしまうと、止まりません。共通の知人であれば悪口も受け入てもらえる可能性はありますが、全く知らない患者さんの悪口を言われても…。はじめて会った方の前で、愚痴が止まらないとなると、その悪い印象を払拭するのに長い時間がかかります。
ここは言いたいことがあってもなるべく抑えるようにしましょう。

(3)
「収入の話をしない」
十分な収入を得ている経営者や一流企業の方との合コンであれば問題ないですが、相手の年齢が若い場合や看護師より給与が低い職業の場合は、自分よりも収入が少ないことがあるはずです。男性はプライドの高い生き物ですから、そういった収入格差に対しては敏感です。
収入の話は十分に気をつけてするようにしましょう。


結論、「看護師」であることは合コンでは確実に武器になります。看護師のイメージの通りに振る舞うのか、もしくは良い意味でイメージを裏切るのか、相手によって使い分けてみてください。
合コン前と合コン時に「看護師」という職業を活かすためのコツをご紹介してきましたが、イメージどおりに振る舞う場合もイメージを裏切る場合も、無理をしてそれを続ける必要はありません。実際、男性がひとたび好意を持ってしまえば、それで勝負は決まりです。
好きになってから嫌いになるのは難しいものです。だからこそ、合コンの一瞬で相手に良い印象を与えることは非常に重要なことなのです。
是非実践してみてください!


この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!