お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

知っておきたい!介護現場の看護のお仕事★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
321_湯飲みを持つ老夫婦2.jpg

http://www.photo-ac.com/

高齢化が進む中、介護を要する人々が急増し、介護の現場で働く看護師のニーズも高まっています。
看護師のさらなる活躍の場を広げるためにも、知っておきたい介護の現場。
ここでは、各現場の特徴と看護師の役割を一挙にご紹介します。

目次

介護現場の看護師とは?

介護の現場で活躍する主な専門職、看護師と介護士。その役割の違いは「医療行為」ができるか、できないか、です。
看護師は医療行為・介護ケアともに行い、利用者の健康管理と生活全体を支援する役割を担っています。

一方介護士は、法律上、医療行為は行えず、利用者の食事や排泄の介助、入浴などの介護ケアを行う中心的役割を担っています。
看護師の主な業務は、バイタルサインのチェックや問診などの健康管理と、投薬や日常的な医療処置、緊急時の医療対応など、利用者の健康サポートです。

異常を早期発見し、医師に報告して健康問題解決のために連携を図るのも重要な役割です。
利用者の施設外診療の補助や、施設内の衛生管理も看護師が行います。

介護現場の特徴と看護師の役割

それでは、さまざまな介護施設における看護師の役割を見て行きましょう。

●1:介護老人保健施設

介護老人保健施設は、自宅での生活復帰や自立を目指して、病院での治療を終えた方が機能訓練やレクリエーションなどを行うために入所する施設です。
施設では、専門家によるリハビリ訓練によって日常生活に必要な動作を身につけながら、必要な介護ケアを提供します。

また、施設に常勤医師や24時間勤務の看護師の配置が義務付けられているのが特徴です。リハビリの専門職として、理学療法士や作業療法士も常勤します。
看護師は、健康管理と必要な医療処置を中心に行います。

※リハビリ専門職の仕事をお探しの方は、リハビリ職専門の転職サービス「リハのお仕事」(看護のお仕事の姉妹サービス)をご利用ください。

●2:特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは、自宅での生活が困難な方や要介護認定を受けた方、常に介護を要する方などが入所して生涯をそこで過ごします。

介護ケアを行うほか、施設によってはリハビリテーションも行っています。
常勤医師の配置義務がないため、医師がいない施設も多く、おもに看護師が利用者の健康を管理し、健康問題に対応します。

また、日常的な健康管理と異常の早期発見に加え、緊急時の適切な対応が重要です。
夜間は看護師が常駐せず、緊急時に施設から看護師に連絡する体制-いわゆるオンコール体制をとる施設が多いです。

●3:有料老人ホーム

株式会社や法人など、設置母体がさまざまな有料老人ホームは、サービス内容も料金設定も施設によって異なります。
入所対象もさまざまで、健康で自立度の高い方から認知症や寝たきりの方まで、施設によっては幅広い方が入所対象となります。

利用者の生活の場であるため、看護師の役割は特別養護老人ホームと同様です。
看護師の配置人数・勤務体制・勤務時間などは施設によって違いがあります。
設置母体の方針により、クオリティの高いホスピタリティの提供を求められる場合もあります。

●4:デイサービス

デイサービス施設は、自宅から通所する利用者に対し、入浴や食事などの日常生活ケア、レクリエーションやリハビリテーションなどを提供する施設です。
看護師の役割は、利用者のバイタルチェックや服薬管理、簡単な医療処置などです。
施設によって、看護師もレクリエーションなどの活動に参加します。

自宅から通う利用者が対象なので、重度の要介護者や複雑な医療処置を要する利用者はほとんどいません。
通所施設のため夜勤はなく、簡単なケアが主のため、看護師は1日に1人という施設が多数です。

●5:訪問看護

訪問看護は、在宅で寝たきりの方や医療ケアやリハビリを要する方を対象に、看護師が家庭を訪問してケアします。必要時には理学療法士や作業療法士も同行します。
看護師の役割は、バイタルチェックなどの健康観察や日常生活ケア、医師の指示による医療処置・医療機器の管理・健康相談など自宅療養に必要な事柄全般です。

ケアは医師の指示に基づいて実施しますが、特殊なのは、現場が“家庭内”であることです。
知識や技術だけでなくコミュニケーション能力や対応力などが求められる分野です。

利用者のニーズに対応して、介護施設は増えつつあります。
介護の現場で活躍する看護師さんも、今後ますます増えていくかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加