5年目ナースのリアルな悩み。仕事もプライベートも分岐点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3334_TOP_5年目ナースのリアルな悩み.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


看護師として働いて5年ほど経つと、リーダーやプリセプターを任されるなど責任を感じる仕事が増えてきますよね。

そんな時、「このままの状態でいいんだろうか?」と悩む看護師の方も多いのではないでしょうか。

今回は仕事とプライベートのバランスについてや、キャリアを積んでいく中での悩みを5年目ナースの視点で考えていきます。

728_90_3.png


看護師5年目になると責任ある仕事が増えてくる


3334_1_看護師5年目になると責任ある仕事が増えてくる.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


看護師5年目というと、新人とベテランのちょうど中間の立ち位置になります。

仕事を一通り自分でできるようになって、上司や先輩看護師から重要な業務を任されたり、あるいは後輩の指導をするプリセプターを任されたりなど、責任のある仕事が増える時期でもあります。

責任が伴う仕事を任されることは、それだけ看護師としての実力を認められている証と言えるでしょう。ですが、負担に耐えきれず心身共に疲れてしまう看護師も多いようです。

看護師はもともと一人あたりの業務負担が大きい仕事です。そこに責任のある仕事がのしかかってくると、さらに悩みやトラブルも増えていくでしょう。

また、中には「責任ある仕事を任されることが向いていない」と感じる人もいるかもしれません。「看護師としてキャリアを積んでいくのは向いていないのかも」と自信を無くしてしまい、このタイミングで離職や転職を考える看護師はとても多いのです。

キャリアとプライベートで悩む人生の分岐点


3334_2_キャリアとプライベートで悩む人生の分岐点.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


そしてもうひとつよく聞く悩みが、今後の人生についてです。看護師5年目あたりは、ちょうど今後のキャリアを考え選択する時期でもあります。

責任あるポジションや業務を任されるようになると、このままこの病院でキャリアを積み上げていくべきか、それとも看護師以外の道に進むかなど、改めて自身のキャリアについて考える機会が増えるのではないでしょうか。

あるいは仕事だけでなく、プライベートを軸に人生を考えていく人もいます。看護師5年目の年齢はいわゆる結婚適齢期ですし、子育てなどを考え始める時期でもあるでしょう。

仕事とプライベート、どちらも充実できるのが理想ですが、日々多忙を極める看護師はどちらかのみを選択せざるを得ない…という人も多いかもしれません。

看護師としてのキャリアかそれともプライベートの充実かに悩んでいる間に、気づいたら「同期がほとんどがいなくなっていた!」なんてことも、この時期は特に多いようです。

人間関係などの悩みも溜まってくる


3334_3_人間関係などの悩みも溜まってくる.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


看護師5年目はいわば中堅層なので、新人看護師とベテラン看護師の板挟みにあう機会も出てきます。それが原因で、人間関係のトラブルに巻き込まれることもしばしばあるでしょう。

例えば「チームリーダーを任せられたがメンバーと上手くコミュニケーションがとれない」「後輩の指導について上司から怒られたが、後輩は言うことを聞いてくれない」などといったものが挙げられます。

また、リーダーやプリセプターなどのポジションになると、悩みを抱えていても周囲に相談できる人がいないといったこともあるかもしれません。実際、人間関係が原因でこの時期に看護師を辞めてしまったり、転職したりする人は非常に多いようです。

キャリアを考える上で責任あるポジションを経験することは重要ですが、この時期は相談できる人を見つけておくなど、メンタルを上手くコントロールできるような環境を作っておくことも大事です。

もしも看護師の仕事を辞めたくなったら


3334_4_もしも看護師の仕事を辞めたくなったら.jpg

https://stock.adobe.com/jp/


ここまでお話したように、看護師5年目は今後のキャリアやプライベートついて悩み始める時期でしょう。

現状の環境を変えずに仕事とプライベートの両立を頑張ろうとする人もいますが、人手不足や長時間労働といった問題から両立は難しいのが現状です。

もしもこんな風に自身の進退について悩むことがあれば、思い切って転職して環境を変える選択肢もあります。

今は子育てとの両立を応援してくれる福利厚生制度が整っている病院も少しずつ増えてきています。将来、結婚や子育てを考えるなら、こうした制度を知っておくと役立ちます。

この機会にぜひ、ご自身がどんな人生を歩みたいのか考えてみてくださいね。

この記事への評価をお願いします。

この記事を、友人や同僚におすすめする可能性はどのくらいありますか。

  • 可能性は全くない
  • 可能性は極めて高い

ありがとうございます。

頂いた評価をもとにいまよりもっと良い記事を
お届けできるよう頑張ります!