お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

ICU看護師の役割ややりがいを紹介!新卒でもなれる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
390_TOP_スケジュール.jpg

http://allthefreestock.com/


「ICUで看護師はどういった役割を担っているの?」「新卒でもICU看護師になれる?」など、不明点が多い方もいるでしょう。ICU看護師は24時間体制で患者をモニタリングし、看護ケアや医療処置を行っています。
このコラムでは、ICU看護師の役割ややりがい、メリット・デメリットについて解説。また、ICU看護師に向いている人の特徴も紹介しています。ICU看護師を目指す方は必見です。

目次


ICU看護師とは?
ICU看護師がやりがいを感じるとき
新卒でICU看護師になるメリット・デメリット
ICU看護師に向いている人とは?

ICU看護師とは?


ICU看護師とは、集中治療室で働く看護師のことです。
ここでは、ICUの概要やICU看護師の役割について解説します。

ICUとは


ICUとは「Intensive Care Unit」の略称で、日本では集中治療室と呼ばれています。
ICUでは術後や重症度の高い患者を受け入れており、ベッドサイドにモニターや人工呼吸器、体外循環装置などの生命維持管理装置があるのが特徴です。医師や看護師、薬剤師などさまざまな職種のスタッフが協力し、24時間体制で患者の治療や看護にあたります。

ICU看護師の役割


ICU看護師の役割は以下のとおりです。

24時間体制で患者をモニタリングする


ICUには術後や重症度の高い患者が多いため、24時間体制でモニタリングをします。ICUには意識レベルが低下していたり呼吸器を付けていたりすることで、自身の体調の変化を伝えられない患者が少なくありません。また、急変する可能性が高い患者も数多くいます。そのため、心電図のモニターや医療機器の数値などで患者の容態をこまめにチェックしなければならないのです。もしも異変がある場合はすぐに医師に知らせます。

医療機器のチェックや操作


ICUには心電図や人工呼吸器、体外循環装置といった高度な医療機器が多数あり、それらのチェックや場合によっては操作をするのも看護師の仕事です。医療機器はメーカーによって見方や設定方法が異なります。そのため、新しい機器が導入されるたびに操作方法を勉強をしなくてはなりません。

看護ケアと医療処置


一般病棟と同じように食事や排せつ、清拭といった日常生活の介助を行います。また、バイタルチェックや採血、傷の消毒、ガーゼ交換も看護師の仕事です。

患者の受け入れや送り出し


病棟内の急変や救急外来の患者の受け入れ、容態が安定した患者の送り出しを行います。受け入れや送り出しの際に、一般病棟の看護師と申し送りを行うのもICU看護師の仕事です。
また、緊急でオペが必要になったときに準備を行い、オペ看護師に引き継ぎます。

家族のケア


患者の容態やどういった処置を行っているかを丁寧に伝え、家族の不安を少しでも和らげるのもICU看護師の仕事です。患者は容態の急変や不慮の事故などでICUに入ることも多く、患者の家族は動揺していたり冷静でいられなかったりします。そのため、患者の家族のケアも必要なのです。

エンゼルケア


患者が亡くなった場合は、エンゼルケアを行います。エンゼルケアで行うのは医療器具を外した後の手当や全身の清拭、鼻・口・耳への脱脂綿詰め、着替え、死化粧などです。生前の患者の意思や家族の意向に沿って行います。

▼関連記事
ICUとはどんな場所?看護師の業務内容や適性をチェック!

ICU看護師がやりがいを感じるとき


ICU看護師がやりがいを感じるのは、患者の容態が回復したときや、自身のスキルアップを感じたときなどです。以下で詳しく解説します。

患者の容態が回復・好転したとき


ICUには重篤な症状の患者が多く、中には亡くなる方もいます。そのため、患者の容態が回復・好転したときは特にやりがいを感じるのです。また、ICUの患者は、意思の疎通が取れないことも少なくありません。そんな中、患者の些細な変化に気づき処置をしたことで、容態が好転することも。自身の気づきが患者の回復に繋がると、やりがいも大きいでしょう。

自身のスキルアップを感じたとき


一般病棟ではあまり扱わない人工呼吸器や人工心肺などの医療機器に触れることで、スキルアップに繋がります。また、ICUではさまざまな症例に対応するため、要求される知識レベルが高いです。これまで知らなかった症例や急変時の対応ができるようになるのも、ICU看護師のやりがいといえるでしょう。

▼関連記事
ICU看護師の業務内容!やりがいや有利な資格は?

新卒でICU看護師になるメリット・デメリット


ここでは、ICU看護師になるメリットとデメリットを紹介します。新卒でICU看護師を目指す方は、ぜひ参考にしてください。

メリット


新卒でICU看護師になることで、一般病棟ではあまり扱わない人工呼吸器や人工心肺といった医療機器に触れることができます。また、ICUには科の枠組みを超えてさまざまな患者がいるので、多くの症例の看護に関わることが可能です。そのため、数多くの経験を積めて自身の成長に繋がるでしょう。ICUで経験を積んだ看護師は、異動や転職をしてもやっていけるだけの知識が身に付くといわれています。将来的なステップアップの土台としてICU看護師を経験することは、自身の大きな糧となるでしょう。

デメリット


ICU看護師は覚えなければならないことがたくさんあります。看護するのは1つの診療科目の患者だけではありません。看る症例はさまざまで、いつ急変してもおかしくない患者も多数います。知識がないと緊急時にすぐ対応することは難しいでしょう。なお、心電図や人工呼吸器、体外循環装置といった高度な医療機器の見方や操作方法も知っておく必要があります。そのため、ICU看護師の休日は、勉強に時間を取られることが多いです。
また、生死の狭間をさまよう患者も多いため、命を預かっているという精神的なプレッシャーは一般病棟よりも大きいといわれています。1分1秒を争う場面も多く、精神的な疲れがストレスとなる場合もあるでしょう。

▼関連記事
ICUで働く看護師の役割は?メリット・デメリットも解説

ICU看護師に向いている人とは?


勉強熱心で精神的に強く、協調性がある人はICU看護師に向いているといえるでしょう。以下で詳しく解説します。

勉強熱心な人


休日に自身で勉強をしたりセミナーを受講したりなど、勉強熱心な人がICU看護師に向いているといえるでしょう。ICUに入院している患者は、さまざまな病気やケガを患っています。患者によって治療方針は異なり、使用する医療機器も多種多様です。また、医療は日々進歩します。そのため、常に新しい知識を取り入れる姿勢を持っており、勉強が苦にならない人が向いているといえるでしょう。

協調性がある人


ICUでは医師や看護師、薬剤師など多くのスタッフが一丸となって治療にあたっているため、協調性がある人が向いています。特に急変が起こったときは、全スタッフが協力して対応しなければなりません。次にどういった処置が必要で自分は何をしたら良いかなど、先を考えて行動する力も必要です。協調性がなく独りよがりな性格だと、ICU看護師として働くのは難しいでしょう。

精神的に強い人


前述したとおり、ICU看護師は命を預かっているため大きなプレッシャーがかかる仕事です。勤務中は常に気を張っておかねばならず、一瞬の判断ミスも許されません。たとえ、どんなに献身的にケアをしても亡くなる方もいるでしょう。そのため、精神的に強くないとICU看護師としてやっていくのは難しいかもしれません。

ICU看護師になりたい方や転職を考えている看護師の方は、「看護のお仕事」にご相談ください。
看護のお仕事は、看護職に特化した転職支援サービスです。
全国12万件の求人の中から、あなたの希望に合った職場をご紹介。応募書類の添削や面接対策、先方とのスケジュール管理など、幅広くサポートしています。
まずはお気軽にご連絡ください。