どっちの立場もキツイ!プリセプターの悩みとプリセプティの苦しみを徹底アセスメント!【ナースが物申す第20回】

2020.2.20

3014_TOP.jpg

もうすぐ新人Nsたちが入社する時期ですね。
新人Nsといえば、プリセプター、プリセプティ。

どちらも経験したわたしから言わせてもらえれば、
教える側のプリセプターにも、
教えられる側のプリセプティにも、
悩みや苦しみは絶えない
ということ。

この記事では、プリセプ制度ならではの、「プリセプターの悩み」「 プリセプティの苦しみ」について紹介します。

目次

プリセプターの悩み

新人ちゃん。なんでそこ確認してからいかないの。

内服の名前・日にち・時間。点滴間違いに転倒転落・・。
新人さんも入社3か月あたりから、この辺の看護業務でヒヤリハットを書くようになります。

でも、そ、そ、そこだけは
死ぬ気で確認してからいってくれーーー!!!
って本気で思う、ほんと指導者側の寿命が縮まる場面があったりするのよ。

わたしがプリセプターをしていた新人Aちゃんは、ちょっとどんくさくてかわいい新人さん。いつも一生懸命で、心からとても応援していたのだけど。

ある夜勤の日、医師指示で飛んできた注射薬をAちゃんが用意して施行することになった。
Wチェックで薬を準備してAちゃんはスタスタ患者のもとへ。
普段から毎日よく使う薬剤。禁忌とか把握できてると思うけど、でもなんかイヤな予感がしたから、走って追いかけたの。
そしたらAちゃん、その薬剤が入ったシリンジを側管につないだ。

ちょっと待てAちゃん、それはショットでいったら下手すりゃ即死する薬剤!!!

それは筋肉注射でいくやつ!!
つまりそのままシリンジ押したら、患者死ぬやつ!!!
そんで今にもシリンジ押そうとしてる、Aちゃん!!

「ちょ、ちょっとー!!!打ったらあかん!!!あかん!!!」

真夜中叫ぶわたし、慌てて起きる患者、あせるAちゃん。カオス。

薬効とかはしっかり勉強してるんだけど、投与方法の根拠、みたいなとこの勉強が抜けてたみたい。
薬剤を投与するときは基本5R。そのどれを間違っても、条件がそろえば患者を即死させてしまう。

新人ゆえにまだその怖さもわからないし、
新人だからこそ早く仕事しなきゃっていう気持ちが先立って、
つい直前の確認を怠ってしまうのかもしれない。

でも、どれだけ先輩が怖かろうが、忙しかろうが、薬剤投与の5Rは基本の「き」

仕事が遅くなって怒られてもいいから。患者を死なせるよりマシ。
頼む、薬剤使うときは5Rを理解して死守しておくれよ

その先輩だけはキレさしたらダメなんだよ、めんどくさいんだよ

「どういうタイプがキレる先輩か」
「どんなめんどくさいことが起きるのか」、
教科書にも載ってないし、看護学校でも習わないけど、これって、すごく大事なことなの。女の縦社会

こいつだけはモメごとになるから、距離おいて付き合わないとなってやつは、どこへいってもいるんだよね。

だけどそんな先輩がいることなんて疑いもしないピュアな新人。

素直さゆえに、そういうややこしいやつの地雷を絶対踏むのよね。

3014_1.jpg

トラブルメーカーとか新人いびりするやつのまえで、とんでもない失敗をする新人は毎年いる。そういうひとたちが怖い先輩だから、緊張して失敗するってのもあるんだろうけどね。

新人がちょっと失敗したりして地雷を踏むたび、プリセプターに火の粉が飛んでくるのよ。

「あんたさ、指導者でしょ!なんでそんなことを教えてないのよ!!」

「いつまであの子、見守りにさせる気?さっさと自立させなさいよ」

「まだ一人立ちさせちゃだめでしょ。ちゃんと全部の処置見守りでやらせてよ!!」

うっせーよ!じゃあもうお前が一人でプリセプやれよ、って思いながら。

そういうこともあったりして、わたしが新人指導についたとき、わたしの病院では毎年恒例でプリセプターとプリセプティで行く飲み会をするようになって。

「絶対あの人の前でヘマうったらダメだよ、ややこしいからね。」っていうのを前もって新人に仕込むようにした。

だからね、新人Nsさん。

実はマニュアルがない人間関係を覚えるのは、看護業務を覚えるのと同じくらい大事なの。研修でも教えてくれないことだけど、ややこしい人間関係こそ、がんばって習得しておいてほしい。

プリセプティの悩み

そんなに威圧的だと相談だってできないよ

ここからは、プリセプティの苦悩。

「いつでも相談してね」

「なんでも話聞くから」

って言ってたじゃない。

プリセプティ時代、実際に困ったことがあって、
相談しにいったときのプリセプターの鬼のような形相。
声には出さないけど「今声かけんじゃねーよ」の顔。

目は口程に物を言うって言うじゃない。
そんな空気でとても相談なんかできたもんじゃないよ。

新人だからこそ、わからないことや聞きたいことがある。
なんでも聞いてって言ったじゃない。

看護っていう仕事だから、あとでじゃなくて今聞きたい。
すぐに相談してって言ったじゃない。

自分に自信はないけど、実際先輩に聞ける環境でもない。
どうしていいかわからない。

新人Nsとして一番辛かったことはここかな。

聞いても怒られる、聞かなくても怒られる。

じゃあどうしたらいいのって聞いてんの!!!

THE・理不尽!!!

群れて悪口を言わないで。せめて聞こえないとこで言ってください

3014_2.jpg

新人Ns時代に辛いこと。

それは「みんなの前でプリセプターが言う、新人Nsの悪口」

聞こえるように悪口なんて言われたら、詰所戻れないし、聞きたかったことも聞けないし。

自分が仕事できないことなんか百も承知。

でも誰だって、できなかったときがあったんじゃないの???

看護師の居場所はナースステーションなのに、
そのナースステーションが地獄すぎて入れない
新人のとき、これされるのほんと辛かったなー。

自分もプリセプターしたから、プリセプターならではの大変さ、ストレスもわかるんだけど、これをしたら新人Nsはその職場に来たくなくなると思う。

基本、新人はできないもの。
一人として数える対象ではなく、育てるもの

そう捉えられてない先輩とか、職場環境だとこの事象は往々に起こりうる。わたしがプリセプターになって絶対しないでおこうと思って、守ってたことでもある。
どれだけストレスでも、立場の弱い新人Nsの居場所がなくなるようなことは言っちゃだめ

プリセプターとしてストレスがあるなら、立場上絶対新人がいない場所で言うべきだと思う。

プリセプターのみなさん、指導の愚痴は指導者だけの場所で言いましょう。

プリセプ間の関係をうまく保つには

3014_3.jpg

プリセプ間の関係って難しい。

教える側と教えられる側のストレスもあるし、相性もある

病棟の殺伐加減も影響するし・・。

でも一番大切なのは、

教える側の「成長してほしい」って気持ちと、

教えられる側の「一人前になりたい」っていう相互の気持ちなんだと思う。

「教育なんかしたくねーし」とか、新人でも「勉強とかしたくないし」みたいな気持ちが双方どちらかにでもあったら、教育ってうまくいかない。

したくないっていうのが根底にあったら、意地悪も出ちゃうし、愚痴もでちゃう。

プリセプ間の関係をうまく保つためには、

お互い教える立場、教えられる立場として歩み寄ることが大事だと思うのよね。

〈イラスト:Kaoll〉
https://kaoll0719.wixsite.com/illustrator

■ナースが物申す【第1回】マリアンナさんのプロフィールを紹介しています。
https://kango-oshigoto.jp/media/article/2413/

■ナースが物申す【第2回】~ナースの有給休暇義務化~
https://kango-oshigoto.jp/media/article/2426/

■ナースが物申す【第3回】~新人ナース時代を乗り越える~
https://kango-oshigoto.jp/media/article/2435/

■ナースが物申す【第4回】~子育て「小1の壁」~
https://kango-oshigoto.jp/media/article/2457/

■ナースが物申す【第5回】~児童虐待と向き合う~
https://kango-oshigoto.jp/media/article/2471/

■ナースが物申す【第6回】~お局様を大解剖~
https://kango-oshigoto.jp/media/article/2489/

■ナースが物申す【第7回】~看護師の老後と年金問題~
https://kango-oshigoto.jp/media/article/2480/

■ナースが物申す【第8回】~医療事故~
https://kango-oshigoto.jp/media/article/2501/

■ナースが物申す【第9回】~病院退職~
https://kango-oshigoto.jp/media/article/2506/

■ナースが物申す【第10回】~困ったドクター対処法~
https://kango-oshigoto.jp/media/article/2513/

■ナースが物申す【第11回】~ブラック病院~
https://kango-oshigoto.jp/media/article/2521/

■ナースが物申す【第12回】~看護師の良いとこ悪いとこ~
https://kango-oshigoto.jp/media/article/2529/

■ナースが物申す【第13回】~困った患者さん~
https://kango-oshigoto.jp/media/article/2536/

■ナースが物申す【第14回】~PNSの一長一短~
https://kango-oshigoto.jp/media/article/2544/

■ナースが物申す【第15回】~お局言動ワースト4~
https://kango-oshigoto.jp/media/article/2552/

■ナースが物申す【第16回】~ここが変だよナースの職場~
https://kango-oshigoto.jp/media/article/2576/

■ナースが物申す【第17回】~医者にモテるナースの特徴~
https://kango-oshigoto.jp/media/article/2597/

■ナースが物申す【第18回】~忘れられない患者さん~
https://kango-oshigoto.jp/media/article/2610/

■ナースが物申す【第19回】~認知症患者さん~
https://kango-oshigoto.jp/media/article/2616/

〈マリアンナさん公式ブログ『看護師になったシングルマザーのブログ』〉
https://nurse-singlemother.jp/?page_id=11

〈編集部より〉

いかがでしたか。

この春から晴れて看護師になる新人のみなさんは、看護も人間関係もちょっと不安になった人もいるかもしれませんね。

また、プリセプターが決まっている人も、不安と責任と面倒くささが入りまじっているかもしれません。

プリセプでのいい関係には、当然、二人の信頼や理解、優しさが大切だと思います。

ただ、それともう一つ。

二人の同僚ナースのサポートや温かい視線も大切な気がします。

・・・・・ぜひ、みなさん一緒に成長してくださいね。

cta_banner_070.jpg

使いやすさテストのモニター募集!