転倒転落は防げる!大惨事になる前にマークすべき患者さんの特徴教えます【ナースが物申す第32回】

2020.8.20

3125_TOP.jpg

看護師にとって恐れるもの、それは患者さんの「転倒転落」

予想だにせず起こり、起こってしまえば
看護師の仕事は倍増。患者さんの負担も倍増
もうロクなことがない転倒転落。

どこの病院でも転倒転落リスクの「スケール」があるとおもうんだけど、正直あんなたくさんの項目って、普段看護しながら頭に入れておくことってなかなかできない。それに、スケールで評価して、転倒転落リスクが高いからって、絶対コケるわけでもなかったりするのよね。

この記事では、わたしがこれまで経験してきたなかで思う
「この患者さんはコケそう!」っていう特徴を紹介したいと思います。

cta_banner_070.jpg

目次

ADLも筋力も低いのに、活気だけはある認知症

もうね、この条件は鉄板です。

この条件にあてはまる患者さんを受け持ったら、絶対マークしてください。

転倒転落の対応してないなら、高確率でコケます。わたしの経験上。

ADLとか筋力低いのに、活気だけはあるんですよ。
でも認知症の症状から、状況判断はできない。
看護師にとって、こんな恐ろしいことありますか。
歩けないのに、歩こうとするんですよ。

“ADLもしくは筋力低下 + 認知症“
この黄金の条件は、今からコケます、って言われてるようなもんなんです。

認知症の人は、自分の体力が落ちてるってことには気づけてないからね。本人は元気なときのノリで動こうとするんですけど、実際そこまで身体は追いついてないので、ほんと「コケやすいNo.1患者」。

看護のお仕事に相談してみる

検査や手術前後の患者さん

3125_1.jpg

検査や手術を控える患者さんって、検査の前処置や手術前の絶飲食で、結構体力的に落ちている人が多いです。内視鏡とかするために下剤を飲んでる患者さんとか、絶食で下剤かけるもんだから、結構いきなり血圧さがったりしてフラつく患者さんとかいます。

いつも歩けるから、「イケる」って思うんでしょうね。
検査後に起き上がろうとしてベッドから落ちてる患者さんとかもいました。
結構若いのに。

大けがにならなかったらいいんだけど、体力落ちてるときって、反射的に防御ができないから、結構なケガになったりします。

若い人でも安易にフラつくことがあるので、若いからだいじょうぶだろう、は甘いです。検査やオペ前後は体力がある人も要注意です。

頻尿系高齢者

高齢者のなかでも、体力があって、そうそうコケなさそうな人って結構いるんだけど、たまに夜中にしょっちゅうトイレに行きたい患者さんがいきなりコケることがあります。たぶん、ただでさえ治療で体力落ちてるのに、頻繁にトイレに行き過ぎてっていうのが原因って、わたしは思ってる。

夜中とかとくに、暗いなか急に起き上がるもんだから、よけいフラつきやすいのかなー。

こっち的には「この人こけなさそう」ってマークしてなかった患者さんだっただけに、コケられるとショックだったりする。そして、率直にビビる。

まさかの君かー、って感じ。
ポータブルトイレ置いてても、そのポータブルトイレに座ろうとしてコケる、みたいな人もいる。

頻尿って意外にリスク
でもしっかりしてる人って、おむつがイヤだったりするのよね。患者さんを尊重した看護って難しい。対応はナースコール指導とかしかないのかもしれないけど。

これからADL上げますよ系患者さん

3125_2.jpg

ADLが低いだけじゃなくて、これからADL上げてくよーって患者さんも怖いです。
だって今まですこぶる安静にしてたのに、いきなり活動量を上げていくんですもの。

どんな治療をしたのか、とか、本人の体力はどれくらいあるのかにもよるんだろうけど、患者さんによってはこのADLアップが原因でコケる人が多いのなんのって。例えば安静にしてた患者さんが、ベッドサイドのポータブルトイレから、病棟のトイレまで独歩で行けるようになったときとか。いけると思ってたのに、いきなりコケたりします。
まだ、ADLアップに慣れてないのもあるかもしれない。

リハビリでADLがアップして、活動範囲が拡大するっていうのは喜ばしい反面、看護師は「コケるかもしれないな」っていう予感を持っておいたほうがいいと思うんです。日常の状態を見ながらその日のADLを評価していくのは看護師の役目ですしね。

リスクはスケールだけで図れない、個別性に応じた予想を

転倒転落のリスクって、一概に表で示されたスケールだけで評価できるものではないなーって思います。なんていうか、転倒転落のリスクが低いって評価された患者さんでも、その患者さんの状況によって突発的に起こることもあるので、やっぱりその時その時の状況をアセスメントするのが一番いいんだと思います。

3125_3.jpg

だいたいだけど、転倒転落をマークするとき、わたしは臨床で

認知レベル
活動量
筋力・体力
ADLの変化

をベースにして情報収集してます。

まぁ、細かくいえば、降圧剤や精神薬を飲んでないか、とか、病気が原因で血圧低下やレベル低下をきたしてないかとかも大事だけどね。

看護師のみなさん、明日もがんばって転倒転落を予防していきましょう。

〈マリアンナさん公式ブログ『看護師になったシングルマザーのブログ』〉
https://nurse-singlemother.jp/?page_id=11

〈バックナンバー〉
■ナースが物申す【第1回】マリアンナさんのプロフィールを紹介しています。
■ナースが物申す【第2回】~ナースの有給休暇義務化~
■ナースが物申す【第3回】~新人ナース時代を乗り越える~
■ナースが物申す【第4回】~子育て「小1の壁」~
■ナースが物申す【第5回】~児童虐待と向き合う~
■ナースが物申す【第6回】~お局様を大解剖~
■ナースが物申す【第7回】~看護師の老後と年金問題~
■ナースが物申す【第8回】~医療事故~
■ナースが物申す【第9回】~病院退職~
■ナースが物申す【第10回】~困ったドクター対処法~
■ナースが物申す【第11回】~ブラック病院~
■ナースが物申す【第12回】~看護師の良いとこ悪いとこ~
■ナースが物申す【第13回】~困った患者さん~
■ナースが物申す【第14回】~PNSの一長一短~
■ナースが物申す【第15回】~お局言動ワースト4~
■ナースが物申す【第16回】~ここが変だよ!ナースの職場~
■ナースが物申す【第17回】~医者にモテるナースの特徴~
■ナースが物申す【第18回】~忘れられない患者さん~
■ナースが物申す【第19回】~認知症患者さん~
■ナースが物申す【第20回】~プリセプターとプリセプティの苦悩~
■ナースが物申す【第21回】~「私看護師向いてない」~
■ナースが物申す【第22回】~傲慢ドクター&謙虚ドクター~
■ナースが物申す【第23回】~世界中がパニック!新型コロナウイルス感染拡大~
■ナースが物申す【第24回】~ナースの給料上げてほしい!~
■ナースが物申す【第25回】~救急患者さんに物申す~
■ナースが物申す【第26回】~コロナ給付金の追加を~
■ナースが物申す【第27回】~コロナがもたらした看護師の変化とは~
■ナースが物申す【第28回】~申し送りのコツ~
■ナースが物申す【第29回】~働くママの子育て~
■ナースが物申す【第30回】~急変で固まる新人Ns~
■ナースが物申す【第31回】~リーダー業務を上手く回すコツ~

〈イラスト:Kaoll〉
https://kaoll0719.wixsite.com/illustrator

cta_banner_070.jpg

使いやすさテストのモニター募集!