お電話でカンタン登録

0120-963-668

受付時間:9:00-21:00 (土日祝除く)

目を伏せたくなる『神戸・患者虐待』のニュース。自身の体験からマリアンナが読み解く【ナースが物申す!第38回】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3171_TOP.jpg

cta_banner_070.jpg

目次

神出病院の患者虐待は氷山の一角でしょう

神戸市の「神出病院」で起きた患者虐待。

すごくショッキングな事件だったけど、医療現場で働くわたしにとっては、正直「氷山の一角だなー」と思いながら報道を見てたの。

実はこういうことって、日常的にどんな病院でも起こりうることだったりするのよ。

〈ニュース記事〉https://this.kiji.is/675682434193556577

わたしが見た「患者虐待」の実際

わたし自身、働いてきた病院で、看護師等のスタッフから患者への虐待は現場で見てきた。

例えば。

患者を叩く、笑いながら認知症の患者の動画をとる。全身麻酔下で意識のない患者のからだを興味本位で触る。まだ言葉の話せない小児に過剰な罵声を浴びせる。絶対そこまで必要ないのに四肢抑制する。四肢抑制している患者に夜間痰吸引のチューブをいれっぱなしにしておく。

こういうことが、普通に医療現場でありました。
きっと他の病院や施設とかでも、見たことある人もいるんじゃないかな。

虐待を受けやすい患者は、どんな人なのか

3171_1.jpg

いじめをする人っていうのは、自分のいじめがバレない対象を選ぶのが上手い。
本当に助けを必要とするような虐待を受ける患者さんってのは、「SOS」の声を上げられない患者さんであることが多いと思う。

認知症、精神疾患、寝たきり、言葉を話せない小児。発達や病気が原因で、SOSの発信ができない。そういったところに、虐待は、いじめは、集中するし加速する。

本当に助けないといけない人は、助けてって言えない人なんですよね。

患者虐待はなぜ起こるのか

そもそも、虐待がなんで起こるんだろう?
患者虐待が起こる病院と、起こらない病院があるもんね。

わたしは、まず患者虐待が起こる土台って「労働者のストレスと過重労働」だと思う。
これが底辺にある。
過度な患者様精神、利益主義とかもそう。

患者様のためにこの仕事ができないのか!?っていう正義感をベースに仕事を押し付けられるから、スタッフたちは無茶苦茶な仕事内容でもなかなかNOが言えない。そういう労働環境が、目には見えないスタッフの働く意識や気持ちに影響を与えてるんじゃないかしら。

それが原因になって、「絶対的な人間関係のヒエラルキー」みたいなのができる。

3171_2.jpg

いわゆる「上の人の言うことが絶対」みたいな世界。
つまり、独裁的な上下関係ができる。
それが倫理に反することでも、無茶苦茶な内容でも、反論することができないような雰囲気を作る。

その人間関係が影響して、いじめや虐待を「誰にも言えない、相談できる先がない」みたいな雰囲気を作りだす。止める人がいないから、いじめがエスカレートする。

わたしも実際そうでした。患者虐待ってわかっていても現場で声をあげられない。
正論ってわかっていても、組織のなかで自分の立場がなくなることが怖い。それは今も同じ。

個人情報の観点から防犯カメラもないから、仮にいじめの加害者を突き出そうとしたって、証拠がなかったりする。加害者はやってないって絶対言うだろう。中途半端にチクったらやり返される。正義感をもって声を上げた人が損をする。そういう考えが先にあって、声をあげられないのは事実なんです。

業界的に形態化した劣悪な労働環境と、そこからくる人間関係。ストレスのはけ口が弱者に向かう。上の者には逆らえない。いじめを見ても誰にも相談できない。こういうことが当たり前になってる職場環境が、弱者にむかういじめや虐待を常習化させてる気がする。

医療現場の「これ」が見直されないと虐待は減らないと思う

医療や介護業界の底辺にある根本的な問題を解決しないと、どんだけ虐待を法整備や罰則化、監査を強化したって同じことが起こるでしょう。

患者虐待をなくすために見直さないといけないのは、
労働環境の改善と人間関係だと思います。

心理学者のレヴィンが行った集団活動の研究では、集団はリーダー(いわゆる上司や経営者)のタイプによって大きく影響を受け、一方的な指示を出す専制型リーダーのもとではいじめが多発しやすいっていわれてます。そういった組織のなかでは、いじめの対象がいなくなってもすぐ次の対象がすぐできる。スケープゴートっていうやつね。結局こういうことなんですよね。過酷な労働環境って。

3171_3.jpg

いじめの加害者だけを裁くことは根本的解決ではないんですよ。

なぜ倫理モラルの低いスタッフが集まるのか。
なぜその組織が患者虐待を起こす集団心理に陥ったのか。

加害者を裁けばそれがなくなるとは思えない、組織の経営システムにも原因があるんじゃないでしょうか。

雇う側が従業員に対して民主主義でいること。
従業員を大事にすること。
利益第一ではなく、患者やスタッフの声を第一にできること。

そういったことが、長い目で見て患者虐待を防止する環境につながるんじゃないかなーって、思っています。

マリアンナさんの公式ブログもぜひ読んでみてくださいね。

〈マリアンナさん公式ブログ『看護師になったシングルマザーのブログ』〉
https://nurse-singlemother.jp/?page_id=11

『ナースが物申す』バックナンバー
■ナースが物申す【第1回】マリアンナさんのプロフィールを紹介しています。
■ナースが物申す【第2回】~ナースの有給休暇義務化~
■ナースが物申す【第3回】~新人ナース時代を乗り越える~
■ナースが物申す【第4回】~子育て「小1の壁」~
■ナースが物申す【第5回】~児童虐待と向き合う~
■ナースが物申す【第6回】~お局様を大解剖~
■ナースが物申す【第7回】~看護師の老後と年金問題~
■ナースが物申す【第8回】~医療事故~
■ナースが物申す【第9回】~病院退職~
■ナースが物申す【第10回】~困ったドクター対処法~
■ナースが物申す【第11回】~ブラック病院~
■ナースが物申す【第12回】~看護師の良いとこ悪いとこ~
■ナースが物申す【第13回】~困った患者さん~
■ナースが物申す【第14回】~PNSの一長一短~
■ナースが物申す【第15回】~お局言動ワースト4~
■ナースが物申す【第16回】~ここが変だよ!ナースの職場~
■ナースが物申す【第17回】~医者にモテるナースの特徴~
■ナースが物申す【第18回】~忘れられない患者さん~
■ナースが物申す【第19回】~認知症患者さん~
■ナースが物申す【第20回】~プリセプターとプリセプティの苦悩~
■ナースが物申す【第21回】~「私看護師向いてない」~
■ナースが物申す【第22回】~傲慢ドクター&謙虚ドクター~
■ナースが物申す【第23回】~世界中がパニック!新型コロナウイルス感染拡大~
■ナースが物申す【第24回】~ナースの給料上げてほしい!~
■ナースが物申す【第25回】~救急患者さんに物申す~
■ナースが物申す【第26回】~コロナ給付金の追加を~
■ナースが物申す【第27回】~コロナがもたらした看護師の変化とは~
■ナースが物申す【第28回】~申し送りのコツ~
■ナースが物申す【第29回】~働くママの子育て~
■ナースが物申す【第30回】~急変で固まる新人Ns~
■ナースが物申す【第31回】~リーダー業務を上手く回すコツ~
■ナースが物申す【第32回】~転倒・転落を防ぐチェックポイント~
■ナースが物申す【第33回】~新人ナースはここを見られている~
■ナースが物申す【第34回】~点滴トラブルを避けるには~
■ナースが物申す【第35回】~「終末期の患者さんの拘束」反対します~
■ナースが物申す【第36回】~ニュースに物申す「看護師家族もコロナ感染」~
■ナースが物申す【第37回】~患者さんから医療者への暴力~

〈イラスト:Kaoll〉
https://kaoll0719.wixsite.com/illustrator

cta_banner_070.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加